ビートたけし

写真拡大

20日放送の「世界まる見え!テレビ特捜部 危機一髪2時間SP」(日本テレビ系)でビートたけしが、光GENJI時代の諸星和己が遭遇した熱狂的なファンのストーカー行為について語る一幕があった。

組では「危機一髪2時間SP」と題して、各国の危機一髪な映像を紹介した。その中で歌手のレディー・ガガが歩いていると、突然男性のファンが詰めより、ボディーガードにねじ伏せられるという場面を収めた、ルーマニア・ブカレストでの映像が流れた。

この映像の後、たけしは「諸星がアイドルだった時、駐車場の端で暮らしていた女の子がいたんだって」と日本の熱狂的なファンについて語りはじめた。

たけしによると、駐車場の端にダンボールで囲いを作ってファンの女性はそこに住んでいたとのことで、当初は諸星自身も気付いていなかったらしい。

そのファンの女性は諸星に直接危害を加える行動はしなかったそうだが、たけしは「諸星が車のキー開けると、ずーっと見ているんだって」と、現在で言うストーカーのような行動をしていたと明かし、スタジオはどよめいていた。

【関連記事】
元・光GENJIの諸星和己が「バイキング」で暴走 出演者に数々の暴言
元・光GENJIの諸星和己が過去に番組でダレノガレ明美から浴びた暴言を明かす
元・光GENJIの諸星和己、旅客機の座席をめぐり宮根誠司氏と大ゲンカした過去明かす