聞こえる人には聞こえる「地球のハミング」の原因:研究結果

写真拡大

人間の耳には聞こえないが、観測装置によって検知できる持続的低周波音。この地球の「ハミング」の発生源はこれまで不明とされてきたが、海洋波の衝突が原因であるとの研究結果が発表された。

「聞こえる人には聞こえる「地球のハミング」の原因:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

地球が発する「奇妙な音」に、海洋学者は何十年も前から困惑してきた。しかし、新たな研究によってようやくその説明がつくかもしれない。

人間の耳には聞こえないが、地震観測装置によって検知できるこの低周波音は、1990年代から科学者たちの頭を悩ませてきた。

こうした低周波音は人間には聞こえないほどかすかな音だが、なかには「耳鳴り」のような音として聞こえる人もいるという。たとえば1970年代には、英国のブリストルに住む住民の多くが、こうした音が原因で頭痛などに苦しんでいると主張している(「ブリストル・ハム」と呼ばれる。また、同様の現象は世界各地で報告されてきた)。

その原因として電磁放射線や地震、極秘の軍事作戦などが考えられてきたが、正確なことはわかっていなかった。

だが、『Geophysical Research Letters』誌のオンライン版で発表された新しい研究は、こうした低周波音は「海洋波」が原因だという新説を提唱している。

フランス国立科学研究センターの海洋学者ファブリス・アルドゥインが行った研究によると、海洋波の衝突が引き金となって微小地震波が発生するのだという。彼らのチームは風や海洋、海底のコンピューターモデルを利用して、絶え間ない“ハミング”の原因となる波の種類を特定することに成功した。

研究結果によれば、動きの遅い巨大な波の運動と圧力が、13〜300秒の周期で地震波を発生させる可能性があるとのこと。さらにその地震波は、地球の核にまで及ぶ可能性もあるという。研究チームは、今回の研究結果がより正確な地球内部の地図を作成し、地球の構造をさらに詳しく理解することにつながると考えている。

関連記事「地震前の発光現象」発生メカニズムを研究

TAG

EarthHeadlineNewsLow-FrequencySoundNatureSeaWIRED UK