アドビ「Comp CC」は「どこでもデザイン」を可能にする

写真拡大

アドビは、デザイナー向けの新ツール「Comp CC」を正式にリリースした。iPad上でレイアウトのラフを作成し、デスクトップに移して完成させることができる。それが可能にするのは、「シームレス」なデザイン体験だ。

「アドビ「Comp CC」は「どこでもデザイン」を可能にする」の写真・リンク付きの記事はこちら

アドビは3月31日(米国時間)、デザイナー向けの新ツール「Comp CC」を正式にリリースした。

Comp CCは、「Creative Cloud」スイートの最新ツールだ。われわれが「Adobe MAX 2014」で見たときには「LayUp」と呼ばれており、クリエイターのコイ・ヴィンがデモを行っていた。

Comp CCの機能は、基本的には「LayUp」と同じだ。デザインの初期段階に紙とペンを使って行う描画を、iPad上で再現できるブレーンストーミング用アプリである。

「どんなデザイナーも、ブレインストーミングをするでしょう」とヴィンは言う。「通常ブレインストーミングでは紙や鉛筆を使いますが、タッチ機器を使えば、紙と同じように素早く描けるし、何回でも書き直すことができます」

指先かスタイラスを使ってイメージをiPad上に描くと、Comp CCは描かれたものがテキストなのか絵なのかを理解して形を整える。そうして描かれた画像はすべて、InDesignやPhotoshop、Illustratorなどのアドビ製品にインポートして、デスクトップで仕上げることができる。

デザイナーはどこからでもイメージにアクセスして、よりよいレイアウトをつくることができるのだ。モバイル体験をうまく機能させるには「シームレス」が重要な鍵となるが、アドビはそれを実現しようとしているのだ。

Gestures_CompCC-1024x768

TAG

AdobeDesigniPadUser ExperienceVideoWIRED US

※この翻訳は抄訳です。