TOKYO MX『5時に夢中!』出演者プロフィールより

写真拡大

 ペコちゃんの愛称でテレビコメンテーターとしても活躍する新潮社の名物編集者であり出版部部長の中瀬ゆかりが、4月16日、レギュラーコメンテーターを務める『5時に夢中!』(TOKYO MX)を欠席し、様々な憶測を呼んだ。というのもその前週の4月9日、中瀬は"浪速のエリカ様"こと上西小百合議員を皮肉ったモノマネメークで『5時に夢中!』に登場、大きな話題を呼んでいたからだ。その翌週の異例の欠席という事態に、何らかのトラブルがあったのか、とも見られたわけだが、この日中瀬が欠席した理由は上西議員の圧力うんぬんといった話ではない。その背景には彼女の知られざるプライベートが存在した。

 この日、1人の作家が急逝した。その作家とは『天国への階段』(幻冬舎)のベストセラーで知られる白川道だ。白川はバブル期に悪徳商法として社会問題になった「投資ジャーナル」で社員として働き、その後も自ら投資顧問会社を設立し巨額のカネを動かした挙げ句、投資顧問業法違反で逮捕され、2年半の服役生活をしたという異色の経歴を持つ。その後、自身の体験をもとに書いた『流星たちの宴』で作家デビュー、そして2001年には資産家に騙され家族を失った男の復讐劇を書いた『天国への階段』がドラマ化もされるなど大ヒットし、売れっこ作家の仲間入りをしたハードボイルド作家である。

 また相場師時代の白川は、当時まだ学生だった作家でコラムニストの横森理香と同棲生活を送っていたこともあり、のちに作家デビューした横森がこの頃の白川をモデルにした小説『ぼぎちん』(集英社)を発表している。女性関係も華やかで、またギャンブル好きの、現代では数少ない無頼派作家でもあった。

 その白川がここ15年以上、生活を共にしていたパートナーこそ中瀬だったのだ。

「2人の関係は、周囲の関係者にはよく知られた話です。『5時に夢中!』でも、『ウチのとうちゃん』と何度も話題にしていましたからね。六本木交差点近くに購入したマンションでずっと一緒に生活をしていました。でも世間的には『とうちゃん』が白川だとはさほど知られてはいなかったと思います」(関係者)

 特に隠していたわけではなさそうだが、しかし作家と編集者という側面からそれを大々的に公表するつもりもなかったのだろう。しかし2人の関係を赤裸々に暴露した雑誌があった。04年に休刊したスキャンダル雑誌「噂の真相」だ。同誌はタブーなき雑誌として"作家タブー"であった中瀬と白川の関係を2人の同棲開始直後に暴いている。

 1997年9月号の同誌グラビアには30度を超える猛暑のなか、白川が中瀬の肩を抱きイチャイチャと歩いている姿がキャッチされ、2人の関係がこう記されている。

「数カ月前からすでに麻布の白川のマンションで夫婦同然の生活を送っています。20歳になる白川の娘ともうまくいっているようですし、結婚も間近ではないでしょうか」(新潮社社員)
「白川はバツイチの子持ちで、N女史(引用者註:中瀬)も新潮社社員との離婚歴があるバツイチ同士だが、幸せいっぱいのふたりには、何の障害にもなってはいないようだ」

 さらにその後の2001年にも「『天国への階段』がベストセラーの白川道の"天国と地獄"の修羅人生」という特集記事でさらに踏み込み、白川の投資ジャーナルや投資顧問会社時代の逮捕歴などの過去や当時噂された莫大な借金、そして中瀬との関係もが記されている。

「実は、白川道には大手出版各社に莫大な借金があるといわれているんです。一説には、借金は街金筋にも及び、投資顧問会社時代の負債もかなりの額に上るらしい」(ある出版関係者)
「バブル期には手提げ袋に百万円の束を40個入れ、ヤクザ筋の集まる秘密マージャン場を渡り歩いた」
「競輪で3カ月に1千万円負けた」

 しかもこの際、同誌の取材に対し白川本人が応じ、「借金? 確かにあるよ。でもそんな億なんて単位ではなく、せいぜい1千万、いや3、4千万くらいじゃないかなぁ」と事実関係をあっさり認めてもいる。また出版社への借金についてもこう語ったのだ。
「前借り分は幻冬舎が1千万、集英社が200万で、新潮社が80万。小学館はいくらかな? それに住民税の滞納分や友だちに借りている分を合わせると、差し迫っているのは2千万ぐらいで、お金がある時にっていう緩やかなものを入れても全部で3、4千万円程度。結構、小市民的だろ?(笑)」

 いやはや5千万円が小市民的とは豪胆というかさすがは無頼派といったコメントだが、さらに中瀬に取材を申し込んだところ、中瀬と一緒に再度白川が登場しているのだが、そのやりとりは夫婦漫才のようだったという。

 まずは生活費について中瀬が貢いでいるのではとの疑惑に対してはこうだ。

「実は私も博打好きなもので、自分の稼ぎは全部自分で使ってる。美談的には、私が全部出しているって方が美しいとは思うんですけど、私もそんな女じゃないもので(笑)」(中瀬)
「以前、弁護士から自己破産も勧められたけど、俺は責任があれば払うからと。ただ俺の場合、クレジットカードだけは持てないんだよ。まあ、仕方ないんだが」(白川)

 さらに2人の関係についても、実にあっけらかんと語っている。
「浮気は無理だよ。四六時中監視がついているから。だいたい、こういう女と付き合うと業界のことみんな知ってるじゃない? どうウソをついても余白が生まれない」(白川)
「でもこの間、足裏マッサージで寝ちゃったとか言って朝6時に帰ってきた」(中瀬)
「いや、麻雀の後、ふらっと行ったんだけど、あれ気持ちいいじゃない? そうすると俺、コテッと寝ちゃうわけ」(白川)
「怪しい......」(中瀬)

 しかもこの取材の際、取材記者が待ち合わせ場所に行くと中瀬と白川が一緒にいて、しかも既に近くの行きつけの焼き肉屋が予約されていたという。
「固辞する記者を強引に焼き肉屋に連れて行き、大判振る舞いさえしたようで、さすがの『噂の真相』記者も困惑したようです」(関係者)

 それから現在に至るまで2人は入籍はしないものの事実婚を続けてきた。そして16日、起きてこない白川の様子を中瀬が見に行き、倒れているのを発見、しかし既に間に合わなかったという。

 マスコミの取材に対し中瀬は「今は気持ちの整理がつきません。けれど白川は私の一番の理解者であり、私の生き甲斐でした」と語っている。最後まで仲睦まじかったと思われる中瀬と白川。パートナーの突然の死を乗り越えるには時間がかかるかもしれないが、いつもの明るいハッチャけた中瀬に戻ることを祈ると共に、波瀾万丈だった白川の死を悼みたい。合掌。
(林グンマ)