画像は公式サイトより

写真拡大

ダンサーの動きをXbox 360 Kinect センサー(以下Kinect)でCGとして取り込み、アニメーション化させた短編フィルム『as·phyx·i·a』が、アメリカのワシントンポスト紙やイギリスのBBCテレビをはじめ、多くの海外メディアで取り上げられて話題となっている。

【Kinectでダンサーの動きをCGアニメ化! 海外で話題の実験映像がすごいの画像・動画をすべて見る】



作品に使われたKinectは、プレイヤーの体の動きと声を認識し、コントローラーを使うことなくゲームを遊ぶことができるというゲームツール。

生命力を感じさせるダンサーの動きを、Kinectを通してCGとして取り込むことによって、デジタルなのにどこか生々しい感覚を見事に生み出している。

Kinectで、芸術的映像を作り出してゆく!


本作は、3Dアーティスト・Frederico Phillipsさん、ミュージシャン・Maria Takeuchiさん、ダンサー・Shiho Tanakaさんのコラボレーションによって制作されたもの。

しがらみや不自由からの解放への願いや、欲望を開花させようとする瞬間をコンセプトに、身近なゲームツールからつくり出したとは思えないような、芸術的な映像が生み出されている。

Frederico Phillipsさんが監督をつとめ、Samuel Blalarkさんがアシストを担当。そこにMaria Takeuchiさんがつくり上げた、叙実的なオリジナルサウンドトラックが乗せられている。



また、本作のメイキング映像も合わせて公開されている。動画の書き出しには多大な時間を要したらしく、芸術活動はアイデアやセンスだけではなく、根気も試される作業であることがうかがえる。