あなたはエルサ? ミッキー? 魔法使いになれちゃう“音ゲー”「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」発売

写真拡大

2015年4月23日に日本マイクロソフト株式会社よりXbox One および Xbox 360 用のKinectセンサー専用ソフト「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」が発売されます。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

2014年10月にアメリカで発売された「Fantasia: Music Evolved」というゲームの日本語版で、「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」というタイトル通り、1940年に公開されたディズニー長編映画「ファンタジア」と1999年に公開された「ファンタジア2000」にインスピレーションを受けたゲームです。

プレイヤーは、偉大なる魔法使い「イェン・シッド」の弟子として音楽の魔法の力を持ち、「ファンタジア」の世界で、全身を使って魔法をかけていきます。

そう、まるで夜空をあやつるミッキーマウスのように!

ディズニーファンなら何度も見たであろうあのシーンを自分で体験できるのです。

もはや、あのミッキーマウス先輩の弟弟子を名乗っても違和感がありません。

■全身でリズムを刻む音ゲー

プレイヤーが扱うのは音楽の魔法。

全身でリズムを感じながら、両手で指揮をとることで魔法を発動、直感的に楽曲を演奏していきます。

「Kinect(キネクト)」と呼ばれる魔法の装置が、プレイヤーの体の動きを感知するため、コントローラーを使用すること無くゲームを操作することができます。

ディズニーパークファンには、東京ディズニーリゾート30周年の際に、東京ディズニーシー「グランドエンポーリオ」のショーウィンドウに設置された風船のゲームでお馴染みのKinectです。

音楽の魔法で星をあやつる動作は、アナと雪の女王に登場するエルサの力にとても良く似ています。

画面内に表示されるキーポイントに直接触れるのではなく、指先から放った力を飛ばしてチェック。

簡単な4つの動作パターンを、楽曲に合わせておこなうことで、軽快にプレイすることが可能です。

全力でダンスをするゲームではありませんが、気がつくと腕だけではなく体全身を使ってしまっているため、軽い運動をするつもりでプレイするとよいでしょう。

■早期購入特典は「Let It Go」

「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」に収録の曲は全33曲。

ディズニーファンに馴染み深い「くるみ割り人形」「禿山の一夜」の他、レディー・ガガの「Applause」なども収録されています。

また、日本では早期購入特典として初回製造分には「Let It Go」「Counting Stars」「Lay Me Down」の楽曲追加コードを同梱。

これらの楽曲は今後Xbox Liveで有料配信が予定されており、楽曲の追加コンテンツ(1曲200円、お得なセット売り有)は随時更新。

2015年3月より体験版 および 一部の追加コンテンツが配信されています。

アメリカでの展開をみるに、ディズニーのゲームというよりも音楽ゲームとしての色合いが強い「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」ですが、みんなでわいわい楽しめるディズニーファン御用達ゲームの1つになりそうです。

「ディズニー ファンタジア:音楽の魔法」
開発元 Harmonix Music Systems
発売元 ディズニー・インタラクティブ・スタジオ
国内販売元 日本マイクロソフト株式会社
ジャンル ミュージカル アドベンチャー
対応機種 Xbox One, Xbox 360
プレイ人数 1~2人
2015年4月23日発売