多くのファンが喜んでいるが(「ルパン三世NETWORK」より)

写真拡大

 モンキー・パンチ原作で、幅広い年代に支持される大人気アニメ『ルパン三世』の新シリーズが、今秋より日本テレビ系で放送されることが20日、発表された。ネット上では多くのファンが喜びの声を上げているが、一方で「でもルパンの声優はあいつでしょ…?」と最近バラエティ番組で妻への“モラルハラスメント”が発覚し炎上中の声優・栗田貫一(57)への嫌悪感を抱く人も少なくないようだ。

 テレビシリーズの制作は1985年の『ルパン三世 PART ?』終了以来、30年ぶりとなる『ルパン』。新シリーズの総監督は映画『カリオストロの城』など『ルパン三世』シリーズのアニメーター・作画監督を務め、数々の作品に参加した友永和秀氏。また、『ルパン三世のテーマ』の生みの親である大野雄二氏が音楽を担当するなどの詳細も明らかに。今回の新シリーズにファンからは「ルパン三世、新シリーズ!楽しみだな」「ルパン三世期待してます」など、喜びに胸を躍らせている。

妻に対して「殺していい?」と発言し炎上

 しかしその一方で、先述のように「ルパンの声チェンジで!」という意見も多く飛び交っている。1971年に『ルパン三世』テレビアニメ第1シリーズがスタートした際、ルパンの声は故・山田康雄が担当していた。1995年に山田が亡くなった後は、以前から物真似をしており山田とも親交のあった栗田がルパン役に就任。当初は栗田の声に違和感を訴えるファンも多かったものの、次第に若い世代を中心に“栗田ルパン”も定着しつつあった。

 ところが栗田は、今年3月9日放送のバラエティ番組『私の何がイケないの?』(TBS系)の中で、妻で女優の大沢さやか(41)に対し“モラハラ”な態度を取っている様子がオンエアされた。隠し撮りされたVTRの中で、栗田は非のない妻に対して「殺していい?」「死んでくれ」などの物騒な言葉を放つだけではなく、睨みつけるなど苛立ちを露わに。お茶の間は衝撃に包まれ、その後ネットは大炎上。このため、今回の新シリーズについては声優について公式に発表されていないにも関わらず、

「声優さんは誰が誰になるのかな?少なくとも、ルパン三世の声を栗田貫一が務めるのは勘弁してよね」
「栗田ってだけでもうアレルギー」
「モラハラルパンいらね!」
「クリカンの印象が悪すぎて見る気がおきない」
「本当にルパン大好きなのに、キツイ」
「他にルパンやれる声優いないのかなー」

 と、『ルパン三世』という作品を愛しているからこそ、複雑な気持ちでいる者が多いようだ。新シリーズの仕上がりとともに栗田の登板はあるのか、続報が待たれる。

(文/一樹守)