アップル、146平方キロメートルの森林を購入

写真拡大

アップルが環境保護団体と提携し、146平方キロメートルの森林を購入した。持続可能なかたちで、製品の梱包に使う紙を確保する計画だ。

「アップル、146平方キロメートルの森林を購入」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルが森林を購入した。それも、36,000エーカー(約146平方キロメートル)というとんでもない広さだ。

アップルは環境保護団体「The Conservation Fund」と提携し、森林から持続可能なかたちで収穫するための投資を行っている。この取り組みによりアップルは、「iPhone」などの同社製品の梱包に使う紙やパルプの製造に必要な木材の安定供給を確保する計画だ。

アップルが購入したのは、メイン州の森林32,400エーカー(約131平方キロメートル)と、ノースカロライナ州の森林3,600エーカー(約14.5平方キロメートル)。どちらも多様な動植物の生息地であり、今後The Conservation Fundの「Working Forest Fund」(WFF)プログラムによって保護される。

WFFプログラムでは、森林の分譲や、森林以外への転換を制限することで、パルプの持続可能な収穫を確保する。アップルへの森林売却による収益は、ほかの貴重な森林の保護に再投資される予定だ。

アップルのイニシアティヴ担当ヴァイスプレジデントであるリサ・ジャクソンは、The Conservation Fundの会長兼CEOであるラリー・セルザーとの連名の書簡で次のように語っている。

「米国はこの15年間で、誰もが日常的に使う製品にパルプや紙、無垢材をもたらしていた2,300万エーカー(約93,000平方キロメートル)の森林を失いました。これはだいたいメイン州と同じ面積です。土地の売却と所有者の変更が驚くほどの速度で進んでおり、推計4,500万エーカー(約18万平方キロメートル)以上の森林が現在、開発のために狙われています」

アップルはまた、2015年のサプライヤー責任進捗報告書のなかで、サプライチェーンから紛争鉱物(アフリカ等の紛争地帯において採掘される鉱物資源)を除外すると発表している。

アップルのオペレーション担当シニア・ヴァイスプレジデントであるジェフ・ウィリアムズは、報告書とあわせて出した書簡で次のように述べている。「Clean Water Programによる5億ガロン(約190万キロリットル)の真水の節約や、EHS Academyを通したマネジャーの教育など、わたしたちはサプライヤーと協力し合い、熱心に取り組みを進めています」

関連記事アップルCEO「再生エネ批判の株主は不要」

TAG

AppleEnvironmentForestSustainabilityWIRED UK