『オタサーの姫』/カバーガール高橋かおりさん

写真拡大

男性の割合が多い文化系サークルにいる紅一点、もしくは希少な女子メンバー、通称「オタサーの姫」。

【オタクの恋愛実態に迫る! 書籍『オタサーの姫〜オタク過密時代の植生学〜』の画像・動画をすべて見る】

黒髪ロングのストレートないしは姫カットで、前髪はぱっつん。ゴシックロリータなファッショッンもしくは清楚で甘めなコーディネートというイメージがネットで蔓延し、さまざまなイメージイラストがアップロードされるなどして話題を呼んだ。

瞬く間にバズワードの仲間入りを果たした「オタサーの姫」は、現実に存在するのか? そんな疑問にぶつかりつつも、「オタサーの姫」にフォーカスした書籍『オタサーの姫〜オタク過密時代の植生学〜』を紹介したい。

「オタサーの姫」から考えるオタク男女の恋愛事情





『オタサーの姫〜オタク過密時代の植生学〜』は、フリーライター・ジャンヤー宇都さん著、サークルクラッシュを研究する京都大学の非公認サークル・サークルクラッシュ同好会が監修。4月15日に刊行されたばかりの書籍だ。

TRPG(テーブルトークRPG)や、「Magic: The Gathering」などのカードゲームにハマる女子、リケジョ、アニクラ女子、SNSで姫になった腐女子、麻雀ギャル、アマチュア無線のお姉さまなどの数々のエピソードをもとに「オタサーの姫」の実像に迫り、姫を奪い合うオタク男子たち、サークルクラッシュについても触れながらオタク男女のリアルな恋愛事情を暴き出している。

また、図解「ぷりんせす♥名鑑」と題して「なんちゃってロリータ姫」「理系のプリンセス」「アニクラの女の子」などさまざまな女性の特徴を1枚のイラストにまとめている。

さまざまな実話をもとに、普段なかなかうかがい知れないオタクや「オタサーの姫」の生態について学べる本となっている。