投資の絶好のタイミングはゴールデンウィーク(GW)明けだという。なぜか。

 企業は前期の決算発表と同時に今期の業績見通しを発表する。日本企業は、この業績見通しを控えめにする傾向がある。しかし、本当に儲けていれば、早ければ第1四半期、遅くとも第2四半期(中間期)には上方修正に踏み切る。

 控えめな業績見通しが出そろうGW明けは例年、株価が下がりやすい。そのタイミングで買えば、好業績銘柄を割安に買うことができるというのだ。

 SBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之さんが指摘する。

「企業の増益を織り込めば、日経平均は6〜7月にも2万1千〜2万2千円の水準を目指すはずで、下値は限定的。保守的な期初予想で下げたら、有利に仕込むチャンスとなるでしょう」

 そこで、銘柄分析に定評のある専門家に最高益更新の可能性が高い銘柄を選んでもらった。さっそく、彼らが注目する銘柄について見てみよう。

 下の表を見てほしい。藤本さんが選んだ14銘柄だ。あまり耳慣れない社名がズラリと並んでいるというのが率直な感想だろう。だが、藤本さんはこう読む。「昨年までは、外国人投資家にも注目されやすいトヨタなどの『大型株』が盛んに買われました。しかし、これからはもっと小さい『中小型株』で、業績が伸びている企業に矛先が向けられる展開になると考えています」

 では、どういった企業が伸びているのか。 

 藤本さんがまず注目するのはコメ兵だ。名古屋や東京などでブランド品の買い取り・中古販売を手掛ける企業だが、なぜ注目なのか。

「インバウンド(外国人の訪日旅行)特需が波及しているんです。新品のブランド品は円安の影響で割高感が強い。正規の販売店と値段を見比べて、コメ兵で中古品を買うというパターンが増えています」(藤本さん)

 実際、これまで外国人客が売上高に占める割合は10%程度だったが、現在はほぼ倍増しているというから驚きだ。

 インバウンド旋風はホビーの世界にまで押し寄せているようだ。追い風を受けるのがシュッピン。カメラや時計、万年筆など、男性が好みそうなグッズを実店舗やサイトで販売している会社だ。買い取りも行っている。

「デジカメや時計は訪日外国人の間で人気が高い。基本的に買い取り価格を固定しているので、いくらで引き取ってもらえるかが事前にわかるため新製品への買い替え意欲も刺激されやすい。心憎い配慮で商売がうまい」(同) 次に注目するのはセブン銀行。セブン-イレブンなどにATMを設置し、その手数料収入を収益の柱とする銀行。11年度から増収増益が連続している超好業績企業だ。

 そして、コンビニに負けず劣らず便利な存在として注目されているのが、出前仲介サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会。個人経営の店から大手ピザチェーン、ファミリーレストランまで、幅広く仲介している。

「個人店主などはIT機器の操作に不慣れなケースが多い。そういった場合はファクスで注文をやりとりするなど、ハイテクとローテクを巧みに活用している。大手チェーンは、店舗の電話回線が塞がっている最中でも、仲介サイトで注文を受けてもらえるのでメリットが大きい」(同)

 コンビニの総菜や外食チェーンなどにカット野菜を供給しているデリカフーズもおもしろいという。

「たとえば血液がサラサラになるなど、食品の効用(機能性)をパッケージに表示することが今年4月から可能となりました。ただし、その前提は科学的な根拠があること。デリカフーズは納入する商品の科学的データを完璧に分析しており、取引先から重宝がられています」(同)

 やはり、儲かっている企業は抜け目がないのだ。その点においては、婚活をサポートするIBJもヒケをとっていない。婚活サイトや結婚相談所は数多くあるが、成功報酬制によって差別化している。

「本来、この手のビジネスは成功せずに何度も利用してもらうほうが都合がいい。しかし、それでは利用者は不満足。成功報酬制なら企業側と利用者がともにハッピーになれる。実際、利用者の成婚(成功)率は50%を超えます」(同)

◇藤本さんが注目する新年度最高益見込みの企業14社
証券コード/企業名/株価(円)/好業績の背景は?
2780/コメ兵/3210/名古屋で古着屋としてスタート。現在は関東にも積極進出し、ブランド品の買い取り・中古販売を展開。割安な中古品を求める訪日外国人が急増中
3179/シュッピン/1699/カメラや時計、万年筆など男性向けホビー関連商品を販売。訪日外国人が押し寄せている
8410/セブン銀行/603/セブン-イレブンの店舗数の拡大に応じてATMの数も増え、収益機会が拡大。複数台設置する店も増えている
2484/夢の街創造委員会/896/出前仲介サイト「出前館」を運営。個人経営の飲食店から大手宅配ピザチェーンまでカバーしており、リピーターも多い
3093/トレジャー・ファクトリー/3150/リサイクル販売店を展開。過去に蓄積した膨大なデータベースをもとに値付けや在庫調整を行っており、着実に利益を伸ばす
3173/大阪工機/1396/自動車部品の加工向け切削工具などの専門商社。品ぞろえが豊富。海外にも代理店があり、日本企業の海外進出時には追従して商品供給
3277/サンセイランディック/852 /老朽化アパートなど、処分に困っている不動産を買い取り、退去の交渉まで行ったうえで転売。相続税の改正で処分に乗り出す人が増えているのは追い風
3392/デリカフーズ/1069/外食やファストフード、コンビニなどにカット野菜などを供給。中食や宅食向けの需要が拡大している
6067/メディアフラッグ/1069/ショップや飲食店などの覆面調査を展開。訪日外国人への対応など、多様なサービスのため覆面調査のニーズも拡大
6071/IBJ/1190/婚活サイト運営。対面の相談も展開。利用者と企業側がウィンウィンの関係となる成功報酬制で、成婚率50%超え
7818/トランザクション/1083/雑貨の企画デザインなど。人気アイドルの関連グッズなど幅広く手掛け、業績拡大している
9414/日本BS放送/1233/競馬中継、アニメ、韓国ドラマが3本柱。韓国ドラマの合間に流す通販番組も収益を牽引。「東京MX」とともに固定ファンから強い支持
9438/エムティーアイ/786/「ルナルナ」は女性の妊娠・避妊のためのアプリ。排卵周期などのビッグデータを活用し、女性からの高い支持を受けて高成長中
9619/イチネンホールディングス/1079/自動車に関連するサービスを総合的に手掛ける。大学病院などから土地を借り上げ、駐車場ビルを建設、期間が経つと譲渡するという事業が好評
※株価は4月10日の終値

週刊朝日  2015年4月24日号より抜粋