ぶっちゃけいくら!?  ●%の女性は、「友だちの月収」を聞いたことがある!

写真拡大

◆友だちの月収を聞いたことがありますか?

「ある」と回答した人が2割弱、8割強の女性が友だちの月収については聞いた経験がないという結果になりました。「聞きにくい」「プライベートなことなので」「失礼だと思う」「自分のほうが低かったら嫌なので聞かない」という声が多かった印象です。一方で「転職を考えるときに参考にしたいから聞いた」というような、必要に迫られて聞いたことがあるという声も。

[回答者数:204(1年目=2.9%、2年目=2.9%、3年目=8.3%、4年目=7.3%、5年目=13.2%、6年目=16.2%、7年目=10.3%、8年目=14.2%、9年目=9.8%、10年目以上=14.7%、その他=0.0%)/『マイナビウーマン』調べ。2015年3月にWebアンケート、22〜34歳の働く女性]

Q.そう答えた理由や具体的なエピソードがあればお答えください。

■とにかく興味津々で

・「ほかの業種がどれぐらいもらっているのか気になるから」(金融・証券/営業職/7年目)
・「公的機関に勤めているので興味があり聞いてみました。想像以上に低くて驚きました」(ソフトウェア/事務系専門職/5年目)

■人の収入に興味がない

・「特に知りたいと思っていないので」(金属・鉄鋼・化学/営業職/8年目)
・「他人の月収に興味はない」(その他/事務系専門職/10年目)

■お酒の力を借りて聞いた

・「いくらぐらいもらっているのか、真剣に気になるから。自分がいちばん低いのは承知の上なので、お酒の席で聞いてみた」(金属・鉄鋼・化学/事務系専門職/7年目)
・「お互いに気になるので酔ったときにぶっちゃけトークをした」(商社・卸/事務系専門職/5年目)

■聞くのは失礼

・「お金の話は失礼なので聞けない」(医療・福祉/専門職/4年目)
・「デリケートな話題だからそんなこと直接聞けない」(小売店/販売職・サービス系/10年目)

■ショックを受けたくない

・「聞いてガッカリしたくもないし比べたくもないから」(生保・損保/営業職/12年目)
・「知りたくない。比べて負けていたらショックなので嫌」(学校・教育関連/クリエイティブ職/8年目)

>(次ページ)必見! 月収をスムーズに聞く方法とは!?