「ビーチサッカー×バレーボール×トランポリン×音楽」 なんじゃそりゃ!

写真拡大

「ボッサボール」って聞いたことありますか?どうやら、色んなスポーツがごっちゃまぜになった新感覚スポーツのようなんですが、見た目だけに留まらず、ルールやテクニックまでトコトン斬新なもよう。

ビーチサッカー・バレーボール・カポエイラをミックスし、トランポリンの上でプレイ!

設定からぶっ飛びすぎててなんじゃそれ!な感じですが、まずはこの動画を見てみましょう!

実はこのスポーツ、スペインのアンダルシア地方のビーチで人気に火が付き始めたもので、現地に住むベルギー人「Filip Eyckmans」さんによって考案されたもの。ベルギーから始まり、オランダ、スペインへと徐々に伝わっていったのだとか。

ルールもダイナミック!

1チームの構成人数は、3人から5人。バレーボールと同じように、ボールを相手の陣地に叩き込みます!プレイヤーは体のどこを使ってもよく、手や頭で2回触ることも可能。重要なポイントは、カッコいいかどうか。

85singo_WK_Bossaball_Bonaire_2013PHOTO BY WIKIMEDIA COMMONS

ネットは3.6mと非常に高いため、スパイクを決めるには上手くトランポリンを使ってジャンプする必要あり。各チーム1人だけが真ん中のトランポリンエリアへ入ることができます。

オーバーヘッドキックをみたら、プレイヤーも観客も大興奮でしょうね!

審判はホイッスルだけでなく
楽器で”盛り上げる”!

審判は「サンバレフェリー」と呼ばれており、マイクとホイッスルのみならず、楽器やDJセットを使うというルールが!

判定とともに、試合を盛り上げるDJプレイが要求されるようで、募集ページには「面白い声出せるか?」なんて項目も。ラテンアメリカなノリの音楽がキモで、応募にあたってはミックステープの送付が必要だそう。

新しすぎて動揺をかくせませんが、いつしか日本にも上陸する日がくるのでしょうか?もし実現すれば、かなりファンキーなイベントになることは間違いなし!今後も目が離せません!

Top photo by WIKIMEDIA COMMONS
Reference:Oddity Central, Vimeo