重く閉ざされていた「トップ10」への扉を最初に開いたのは、初夏の欧州――赤土の上だった。

 1年前の5月中旬。マドリードオープンの準々決勝でフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6−4、6−4で破ったとき、錦織圭は悲願のトップ10入りを確実にしたのである。同時にこのロペス戦での勝利は、この年クレーで連ねた9つ目の白星でもあった。昨年の錦織は、4月下旬のバルセロナオープンでスタートを切ったクレーコートシーズンで、負け知らずの連勝街道を疾走していたのだ。

「あれは、自分でも衝撃的でした」

 最終的に10まで伸びたクレーでの連勝を、世界ランキング4位となった今、錦織は眩(まぶ)しそうに振り返った。その日々から時は巡り、この2015年もまた、赤土の季節がテニス界に訪れる。4月20日、バルセロナオープン開幕。昨年クレー初勝利を飾った地に、錦織が再び足を踏み入れる。

「ランキングは、本当になんとも思ってなくて」

 今年2月に初めて自己最高位の4位に達したとき、錦織は色めき立つメディアに対し、幾分すまなそうな苦笑を浮かべてそう言った。

「ランキングが変わったからと言ってそんなに深く考えていないので、いつも通りプレイすることを心がけています」

 4月に再び4位に浮上したときも、表情を変えずに淡々と述べた。

 それらの言葉に、嘘はないだろう。だからと言って、錦織が上を目指していないはずはない。彼がランキングに無関心なのは、今となってはその地位のひとつふたつの上下動が、単なる数字のあやであることを知っているからだろう。今の錦織にとって唯一の関心は、もっと良い意味でシンプルで、はるかに純粋な想い。誰よりも強くなりたい、追い求める理想のプレイをコート上で描きたい――。それに尽きるはずだ。

 「フェデラー、ナダル、ジョコビッチの3選手はまだ上にいる。この3選手に勝つよう、これからは意識してやっていきたいです」

 昨年末、錦織は今後の目標をそのように明瞭に掲げている。昨シーズン終了時、錦織のランキングは世界5位。自分より上にいるのは、前述の3選手にアンディ・マリー(イギリス)を加えた4人のみだった。この4選手は過去10年近くに渡り、グランドスラムやマスターズ1000などの大きなタイトルを分け合い、ランキングも上位を独占し続けている。そんなテニス界の支配者たちを、いつしか人々は「ビッグ4」と呼び、特別視するようになっていた。

 彼らの支配を、明確に示す数字がある。2005年以降の10年間で、グランドスラムを複数回制したのは、彼ら4人のみ。ビッグ4以外で賜杯をその手に抱いたのは、マラト・サフィン(ロシア/2005年全豪)、フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン/2009年全米)、スタン・ワウリンカ(スイス/2014年全豪)、そして昨年の全米オープンで錦織を破ったマリン・チリッチ(クロアチア)の、わずか4選手を数えるのみである。

 年間9大会開催される「マスターズ1000」のチャンピオンの歴史でも、その傾向は明らかだ。現状のツアーシステムが確立した2009年以降、ビッグ4がマスターズ1000の優勝を逃したのは過去56大会中7大会のみ(4月19日現在)。今年3月に北米のインディアンウェルズとマイアミで開催されたマスターズ2大会でも、決勝を戦ったのはビッグ4の面々。そしていずれの大会でも、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が頂点に立った。

 そのインディアンウェルズ大会後のことである。決勝を争ったジョコビッチとロジャー・フェデラー(スイス)について問われた錦織は、「もちろん、ふたりとも違うすごさを持っていますが、今はジョコビッチが最強と言うイメージですね」と、素直な想いを口にした。

「どの大会でも優勝争いをしているし、やはりプレイがとても安定している。サーブからストロークへの展開力が彼の一番の武器だけど、ミスもなく弱点が見つからない。彼を崩せている選手も見ない」

 それが、錦織の見る世界王者像だ。フェデラーについても、「一昨年や去年の前半はそれほど良くなかったのに、こうやって去年の暮れから活躍しだして、また世界2位の位置にいる」と言った上で、こう続けた。

「トップに行くには、こういう大変な選手に勝っていかなくてはいけないなと思いました」

 繰り返しになるが、錦織はもはや、ランキングには捕らわれていない。ならば、純粋なる強さを追い求め、ビッグ4追撃を目指す彼の現在地を、ランキングとは別の『戦績』という数字で見てみよう。

 まずは、錦織の『対トップ10』戦績。これはキャリア通算で22勝33敗、40.0%の勝率である。これを過去1年間に限ると、55.0%にまで跳ね上がり、昨年の錦織の躍進を反映する数字となった。

 ここでさらに注目したいのは、『対ビッグ4』の戦績だ。錦織のキャリア通算での対ビッグ4戦績は5勝16敗、勝率23.8%。これは、1歳年少で「生涯のライバル候補」と目されるミロシュ・ラオニッチ(カナダ)の7勝21敗、25.0%をわずかに下回る。ただ、この錦織の数字も2013年からの過去2年間に限ってみれば4勝8敗、33.3%にまで上昇した。ちなみに、ビッグ4をのぞく現時点のトップ10選手全員を見ても、対ビッグ4の勝率がキャリア通算で30.0%を上回る者はひとりもいない。

 なお、ビッグ4内での『対ビッグ4』の戦績は、トップに立つのがラファエル・ナダル(スペイン)の64.2%。その後、ジョコビッチが51.9%で続き、フェデラーが44.7%。最も低いのはマリーで34.8%となっている。

 過去の実績や直接対決の成績的には、錦織はまだビッグ4には及ばない。ランキングが4位になっても、「なんとも思わない」と言い続けている理由も、そのあたりにあるのだろう。

 ただ、その差はこの2年ほどで急激に縮まっているのも確かだ。『過去1年間の対トップ10勝率』をビッグ4以外の現トップ10選手と比べても、錦織の55.0%はワウリンカの66.7%に次いで2位。その他の選手たちは、軒並み20%台の数字である。ビッグ4を追う第2集団の先頭に、錦織がいるのは間違いない。

 最後に、クレーコートでの戦績を見てみよう。錦織のクレーコートでのキャリア勝率は66.0%。全コートを含むキャリア勝率が65.6%なので、ほぼ同じ成績である。ただ、昨年に限って言えば、クレーで10勝2敗、83.3%という驚異の勝率を叩き出した。これは、マイケル・チャンとともに取り組んできた、ボールの跳ね際を叩いて速いリズムで攻める「相手の時間を奪うテニス」と、錦織が従来から持つドロップショットなどを織り交ぜた創造性と高い戦略性が、クレーの上で抜群の化学反応を見せたためだろう。

 なお昨年、錦織のクレー連勝を10で止めたのは、「キング・オブ・クレー」のナダルだ。過去7連敗中の、錦織が唯一勝ち星を奪えていないビッグ4プレイヤーである。しかし、この試合で錦織はナダルから第1セットを奪い、第2セットも4−2とリードして赤土の王者を崖っぷちまで追い詰めた。結果的には、試合中に悪化した股関節やふくらはぎの負傷のために途中棄権を余儀なくされたが、試合内容では錦織が完全に上回っていたことは、ナダル本人や相手コーチまでもが認めている。

 今年の初夏、果たして錦織は赤土の上で、時の流れとともに狭まるビッグ4との差をさらに詰められるだろうか? 歴史を塗り替えるその第一歩を、クレーに刻むことができるだろうか?

 南欧の空の紺碧(こんぺき)と、強い陽光を浴びて燃えるように浮かび上がるクレーコートのビビッドな赤は、センセーショナルなドラマが似合う舞台である――。

内田暁●構成 text by Uchida Akatsuki