話題のライト文芸を担うか!?異色の経歴を持つ作者がリリースした、近未来ファンタジー小説「FEATHER〜世界は、ひとつじゃない。〜」

写真拡大 (全2枚)

世界中のアート・クリエイターをつなげ、世界のクリエイティヴ産業を元気にすることをコンセプトに設立された「ブループレス」。

コンテンツとしては、小説というフォーマットにとどまらず、「シナリオ、映像、文芸性において他の追随を許さない圧倒的なコンセプトアート作品を実現」することを目標に、小説家とイラストレーター、アーティストなどのクリエイター陣が集結。SF、ライトノベルの分野のみならず、総合アートを軸としたさまざまなジャンルの作品を展開する大型コラボレーションプロジェクト「ProjectF」を展開するという。

そのブループレスの第一弾作品として、元経営コンサルタントの新進作家である七村謙(ななむら・けん)のデビュー作となる長編青春SF小説『FEATHER〜世界は、ひとつじゃない。〜(以下FEATHER)』がリリース。本書の第1巻(全9巻予定)が、3月28日に全国書店およびAmazonKindleストアにて発売され人気だ。

筆者の「14才の少年少女たちが陰謀に巻き込まれながらも世界を変えることに立ち向かうストーリーを通じ、社会の仕組みが加速し変容するいまの世界の中で、若い世代や多くの方に、主人公達が“世界を変える”ストーリーのスケール感と高揚感を感じて欲しい」という強い想いのもと、本書のプロデュースも手掛けている。

『FEATHER』の独創的で壮大なストーリーをいち早く楽しめる企画として、発売に先行して3月21日に、書籍2,000冊を無料で配布するイベントを秋葉原UDX広場にて敢行!



また同時開催のイベントでは、PRを担うタレントのIMALUさんをはじめとした豪華出演者がステージに登場。本作のテーマ曲として『YES/NO』を提供しているシンガー・ソングライターの川嶋あいさんがビデオレターで参加したほか、つめかけた大勢の人で会場は大いに盛り上がった。

この『FEATHER』の発行を皮切りに始動する「ProjectF」の第2弾は、遠大なスケールで描くポップかつSFテイストなライトノベル『にゃんバトル!滅亡か存続か?〜勝率3パーセントのたたかい〜(作家:文月えり)』、第3弾にはファンタジー風味を取り入れたSF小説『ガーネット・ムーン※仮題(作家:朧月夜)』を2015年内に提供される予定。

また、「ひとりひとりのクリエイターが世界をつくる」ことによりクリエイティヴ産業の活性化を目指すブループレスは、ともにクリエイティヴな作品を創造する才能あふれるクリエイター、作家の方を募集。クリエイティヴ産業に、新たなビッグウェーブを巻き起こす、新しい才能を求めているという。
[PR企画]


■関連リンク
FEATHER