女優の八千草薫(84)、仲代達矢(82)らが映画『ゆずり葉の頃』の完成会見に出席した。

本作品は、故岡本喜八監督の妻である岡本みね子(76)が旧姓・中みね子名義で挑んだ監督デビュー作。主演の八千草は「大きな会社とは違って資金もとても少なくて映画になるのか不安でしたが、撮影が始まって皆さんが一生懸命な状況で仕事すると、今までと違う力が湧いてくるみたいで。 映画が完成されて良かったと、とてもありがたく思います」と感無量の様子であった。 

共演の仲代は「八千草さんとは共演も多いが、常に初々しい。この映画での八千草さんは素晴らしい。90%は八千草さんに支えていただいた」と熱く語った。

本作は、5月23日から全国順次公開される。