乃木坂46『命は美しい(Type-A)(DVD付)』(SMR)

写真拡大

 乃木坂46の新たな冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)が4月20日よりスタート。初回放送では、西野七瀬をフィーチャーした企画「ななせまると愉快な仲間たち」がオンエアされた。

(参考:乃木坂46から新たなファッション誌モデル誕生  『Zipper』『Soup』『mini』が続々起用へ

 同番組は、同じ時間帯で放送されていた『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)のMCであったバナナマンが継続して進行を務め、毎回一人のメンバーにスポットを当て、その人がやりたい番組を作るというもの。今回は動物好きの西野が「動物と触れ合って真の性質を学びたい」を作りたいということで、東武動物公園にてロケを敢行。アシスタントには動物好き芸人のアンタッチャブル・柴田英嗣が同行した。

 まず西野と柴田はアルパカのコーナーへ行ってエサやりを体験すると、続いてはアフリカゾウのコーナーへ。西野はアフリカゾウの鼻がどこまで発達しているか検証すべく、豆腐やパスタを崩したり折ったりせずに食べれるかを実験。西野はパスタをなかなか取れないアフリカゾウの姿に大爆笑し、柴田から「最近の20歳はわからん」と吐き捨てられた。その後、西野は得意な絵を活かすべく、オリジナルの動物図鑑を作るために3つの特徴とイラストでアフリカゾウを表現。続けてホワイトタイガーのエサやりや赤ちゃんとのふれあいを体験し、特徴を捉えた絵を描いてみせ、同コーナーは終了した。

 VTRが終わり、スタジオへ場面は転換。MCのバナナマン設楽統と日村勇紀が番組タイトルをコールすると、この場で初めてタイトルを知ったメンバーは困惑。秋元真夏は「全然嬉しくない! 誰が決めたんですか?」と憤慨するが、設楽は「秋元(康)先生です」と反撃し、秋元は咄嗟に謝罪した。その後、西野のVTRについて設楽は「『エサを取れないゾウを見てへらへら笑う』という西野のサド的な要素がすごい出てた」と指摘。日村は「お笑いっぽくしたいの?」と企画の方向性について尋ねると、西野は『天才! 志村どうぶつ園』のような番組にしたいと回答。これに対し、設楽は「今回動物好きってアピールしたらそういう方向からオファーが来るかもね」と、番組によってメンバ−に新たな活躍の場が与えられるかもしれない可能性を示唆した。

 続いてフィーチャーしたメンバーについて、他メンバーがタレコミを行った「メンバーは見ていた!」のコーナーへ。まずは秋元から「少しでも時間が空くとささくれを剥く」という情報が提供され、西野は「溜めて育ちそうやからあとにしようとか。思ったより深くいったときは痛いです」と自身の癖を明かした。2つ目に寄せられた若月佑美からの「爪がめちゃくちゃ短い」というタレコミに、西野は「白いところを全部切りたくて」と語ると、松井玲奈は「缶ジュースとか開けれなくない?」とツッコんだ。これに対し、高山一実が「乃木坂はジェルネイル禁止なんです」と補足すると、日村「かわいそう。俺でも週末はネイルするのに!」とボケ、スタジオのメンバーを和ませた。

 3つ目に寄せられた渡辺みり愛からの「『乃木どこ』のヒット祈願企画で私が蛇を首に巻いたら、羨ましそうにしていた。どうやら蛇を飼いたいらしい」というタレコミについて、番組は西野を喜ばせるべく、スタジオに2匹のボールパイソンを登場させ、西野は2匹を首に巻き、満足げな表情を浮かべた。これに興味を示した同じく蛇好きの橋本が首元に巻きつけると、メンバーから「オシャレ!」という声が挙がった。そして設楽が「ダメな人っているの?」と質問すると、松井が「まいやんは?」と白石にバトンを託し、白石は「やめてください!」と懇願。白石は泣きそうになりながら終始絶叫し、日村から「白石と蛇、こんな面白いの?」と指摘されるなど、スタジオのメンバーを爆笑させた。続けて同じく蛇に恐怖する若月の首元へボールパイソンを撒きつけると、若月は日村からのリクエストでボイスパーカッションを披露した。なお、同コーナーでは今後、視聴者からの投稿なども受け付けていくという。

 番組後半では、アンダーメンバーにスポットを当てた企画「あのメンバーに聞きたい10くらいのこと」を実施。今回は2期生の佐々木琴子をスタジオに呼び、いくつかの質問を一問一答形式で行った。佐々木は「あの人変わってるなと思ったメンバーは?」という質問に対し「生田(絵梨花)さん」、「誰にも理解されないけど私だけが好きなこと」には「使い終わったお茶がら集め」、「将来の夢は?」という質問には「会社員」など、様々な回答を残した。佐々木は生田が変わっていると思った理由について「生田さんが一人で歌いながら歩いているところを見た」と語ると、生田は「2期生の前ではやらないようにしていたんだけど…」と弁解した。また、佐々木は自分だけが好きな「お茶の出がらし集め」について「集めたら『あー溜まってきた!やったー!』って思って捨てます。溜まっていくのを見るのが楽しい」と異質な回答を残した。

 番組の最後には、佐々木が将来の夢を「会社員」と答えたことについて「安定した職に就きたいと思って…。目標に到達したら乃木坂46を辞めちゃう」と暴露。メンバーも驚きの表情を見せるが、佐々木は「30歳くらいの話です」と今すぐ辞めるわけではないことを説明し、番組が終了した。

 西野による和やかなロケVTRと合わせ、佐々木の異質なキャラクターが明らかになった今回の放送。次回は秋元真夏にスポットを当てた企画をオンエアする予定だ。(向原康太)