2018年平昌五輪に向けた最初のシーズンとなった今季。その最後のイベントとなった世界フィギュア国別対抗戦が19日のエキシビションで終了した。日本は、2大会連続優勝のアメリカ(獲得ポイント110点)、ソチ五輪団体戦金メダルのロシア(同109点)に次ぐ、合計103点で銅メダルを獲得した。

 前回大会2位のカナダ(同82点)を抑えての表彰台は、羽生結弦や宮原知子ら男女シングルの選手の力によるところが大きかった。チームキャプテンを任された無良崇人は「結弦という大きな存在に頼るだけでなく、シングルのメンバー全員がしっかり、力不足のカップル競技の分までカバーしていくことが、(これからも)団体戦には必要になってくると思う」と、総括した。

 今回のような団体戦は、選手たちにとっても新たな気づきや個人戦の競技会とは違った一面を引き出すきっかけになるようだ。

 宮原は18日の女子フリーで自己ベストを更新する129.12点の高得点をマークするノーミスの演技を披露した直後、チームメイトがいる応援席に向かって両腕を上げて大きなガッツポーズ。普段の試合では決して見せない表情に驚かされた。宮原本人も、自分の演技が良かったからというよりも、団体戦を一緒に戦う仲間に対して、「自然に沸き上がる思いがあったから」とはにかんだ。

「ショートプログラム(SP)で失敗していたので、フリーはしっかりとチームに貢献できたうれしさからガッツポーズが出ました」(宮原)

 今大会前に現役続行を発表した村上佳菜子は、苦闘したシーズンを吹っ切るような思い切りのいい演技でフリー『オペラ座の怪人』を見せた。大会前の会見では「足を引っ張らないようにしたい」と言っていたが、結果はSP5位、フリー6位とまずまずだった。

「いつもだったら前の選手がいい滑りをしたら緊張してしまうところですが、今回はチーム戦だったので『よし!自分も頑張ろう!』という風にプラスに思えたし、最初のポーズも気持ちよくできたので、個人戦と違うのはそういうところだと思います」(村上)
 
 男子では羽生がSPとフリーともに1位で、無良もSP4位、フリー3位。順位をポイント換算するチーム戦の勝負(※)に大きく貢献した。

※今回の国別対抗戦は、各カテゴリーのショートとフリーともに1位を12ポイントとし、順位ごとにポイントを獲得する。2位は11ポイント、3位は10ポイントと順位が下がるごとにポイントが1つずつ下がり、最下位の男女シングルは1ポイント、ペアとアイスダンスは7ポイントとなる。各カテゴリーで得たポイントの合計でチーム(国)の順位が決定する。

 一方で、ペアとアイスダンスはいずれも最下位だった。

 3年後に迫る平昌五輪に向けて、ソチ五輪で叶わなかった団体戦でのメダル獲得を狙うためには、日本はカップル種目の強化が最大の課題となる。日本フィギュア界には歴史的にもなかなかカップル種目の選手が育たない土壌があることは事実だが、その強化なくしては団体戦のメダルは夢のまた夢である。

 特にペアの選手育成は急務になっている。今大会に急遽出場することになったペアの古賀亜美(16)、フランシス・ブドローオデ(21)組は現在ジュニアで、2013年に結成された日本とカナダの国際カップルだ。だが古賀、ブドローオデ組は、現在の状況では国籍問題があって五輪出場はできない。

 本来であれば、ソチ五輪代表でもあり、3月の世界選手権にも出場した高橋成美、木原龍一組が出場する予定だった。2013年1月に日本スケート連盟の強力な後押しもあって結成され、次の平昌五輪での活躍が期待されていた高橋、木原組だが、世界選手権後の3月31日にコンビ解消を発表。シニアの日本人同士のペア選手が日本にいなくなったわけだ。

 高橋、木原組の「破局」について、小林芳子フィギュア強化部長は「木原選手本人からの申し出があり、佐藤有香コーチから連絡が入った。これが原因というはっきりしたものはない。お互いの長所を生かせず、短所をカバーできなかった不満が積もり、『2年目のジンクス』と言われるように今季はなかなか成績が出なかったことでモチベーションが上がらなかったのだと思います」と語っている。

 23歳の高橋と22歳の木原は、ともにペアで現役を続行する意思を持ち、現在は新パートナーを公募中(締め切りは4月25日)だという。特に、シングルから転向した木原は、平昌五輪出場を目指すために日本人のパートナーを探している。

 小林強化部長は「木原選手は日本人のパートナーを公募中です。ここでペアを辞めるわけにはいかないということで、拠点のデトロイトで、勝つためにしっかりとペアの練習を続けていきたいと言っています。ジュニアにも日本人同士のペアがすでにいるので明るい材料はある」と今後に期待感を持つ。

 カップル種目の後進国である日本は、またも日本人同士のペア選手を一から作らなければならなくなったわけだが、悲観する必要はない。来季、新たに誕生するカップルは、今秋の西日本選手権でデビュー予定。どんなペアが誕生するのか、楽しみだ。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha