Airbnbが、キューバでも使えるようになる

写真拡大

米国からキューバへの渡航制限が緩和された。おかげでいま、米国人が飛行機に飛び乗ってハバナに向かうのが、ここ50年間で最も容易になっている。そして現地に到着したら、Airbnbで泊まる場所を決めることもできる。

「Airbnbが、キューバでも使えるようになる」の写真・リンク付きの記事はこちら

Airbnbはブログ記事で、キューバに進出すること、そしてそこで、旅行者に1,000カ所の滞在先を提供することを発表した。これによってAirbnbは、改善しつつある米国とキューバ間の外交関係を利用する最初のテック企業のひとつになるが、最後の企業とはならないだろう。というのは、アメリカ中の企業が、前途有望な成長源として、キューバに注目しているからだ。

Airbnbのような企業の取り組みは、成功がいかに困難であるか、そしてやりがいがあるかを示す、ケーススタディになるだろう。

まず、インターネットをキューバで見かけることは「めったない」。2012年の報告によれば、当時インターネットに接続していたのは、全キューバ人のおよそ4分の1だけだったという。

また、米国人はいまだキューバでクレジットカードを使えないという現実がある。そのため、Airbnbや他の企業はオンラインでの支払いに応じることができない。『Bloomberg』によると、Airbnbはキューバへの進出を可能にするために、自社に代わってホストへの支払いを行うよう、フロリダの送金者に働きかけているという。

とはいえ、Airbnbの幹部たちにとって、この取り組みは十分価値あるものだ。キューバ進出についてのプレスリリースによれば、昨年12月にオバマ大統領が米国はキューバに関する方針を変えるつもりであると発表した後、Airbnbのサイトではキューバの宿泊リスト検索数が70%も急増した。また、キューバはラテンアメリカで最もよく検索される行き先の1つだ。

ある意味、Airbnbはキューバに最適なサービスである。キューバにはすでに民家や個人のホームステイについての豊かな歴史があり、キューバの観光産業を促進する助けとなっている。

「2008年にAirbnbを設立したとき、わたしたちが夢見たのは、どこにいてもその場の一員となれる世界をつくり出す助けとなるというものでした。そして、そのヴィジョンは世界のほぼすべての国に根付きました」と、Airbnbの共同創業者ネイサン・ブレチャジックは声明で語っている。

「50年以上にわたり、キューバはたいていのアメリカ人にとって、手の届かない場所でした。本日から、認可を受けたアメリカ人旅行者が、新しいキューバ人コミュニティを通じ、この島を非常に特別なものにしている独特な文化と、暖かく親切なもてなしを体験できることに、わたしたちはこれ以上ないほど興奮しています」

ここでキーワードとなるのは「認可」だ。キューバへの旅行はより容易になってはいるが、自由に行き来できるかというとそうではない。現在、純粋な観光旅行はいまだに禁じられているものの、旅行者は米国財務省海外資産管理局が承認する12の理由(PDF)の1つで旅行するのだと証明できれば、キューバに行くことができる。そして、Airbnbで部屋を予約するためには、旅行者はその渡航理由が、一般に認められたキューバ入国についての通常許諾に該当すると立証する必要があるのだ。

国会議員たちは現在、こうした渡航制限を解除しようと努力している。だがそれまでの間は、キューバに旅行するもっともな理由があるなら、いまがそれを使うのにふさわしいタイミングかもしれない。いまならこの美しい別荘を、一泊38ドル(4,655円)でさっと予約することができる。

TAG

AirBnBCubaDesignTravelWIRED US