写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で20日、全面リニューアルした「マーメイドラグーンシアター」で4月24日からスタートする新ミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」のプレスプレビューが行われ、報道陣にお披露目された。

ステージや照明など、これまでの舞台装置が一新され、客席の周囲に映像を映し出すスクリーンも登場した「マーメイドラグーンシアター」。4月24日より映画『リトル・マーメイド』の世界を舞台にしたミュージカルショー「キング・トリトンのコンサート」を上演する。

プレスプレビューには、キャンペーンで募集した300組600人のゲストも招待。トリトン王がアリエル、フランダー、セバスチャンなどのおなじみのキャラクターたちと開催する音楽コンサートをテーマに、歌や音楽、ダイナミックなパフォーマンスで表現した美しい海底の世界を楽しんだ。

ショーでは、アリエルが会場の空間を360度自由に泳ぎ回りながら歌声を披露。その美しさに、ゲストから拍手が沸き起こった。そのほか、セバスチャンやフランダー、そして、新しく登場した可動式の丸いスクリーンに6人の姉たちも映し出され、コンサートを盛り上げた。途中、アリエルが「さぁ、みなさんも!」と声をかけ、ゲストも一緒に手拍子で参加するシーンもあり、盛り上がりを見せた。

「マーメイドラグーンシアター」は、グランドオープンした2001年9月4日よりミュージカルショー「アンダー・ザ・シー」を上演してきたが、昨年4月6日で公演終了。リニューアルに向け、翌日よりシアターをクローズしていた。新ショーの公演時間は約14分、総投資額は約40億円。

公演場所:マーメイドラグーンシアター定員:700人所要時間:約14分実施時間:一時の時間を除き連続公演