本間ゴルフ酒田工場に隣接するテストセンター。スイングロボットとトラックマンを使ってテストした

写真拡大

ゴルフのギア選びではクラブ選びが優先されがちだが、ボール選びもかなり重要だ。上級者ほどこだわるのがボールとも言われる。ただ、メーカーの説明を聞いても、それが自分に合ったいいボールなのかはいまいち分かりにくい。そこで『ダイヤモンドQ』編集部では、売れ筋の16種類のボールをピックアップし、スイングロボットを使って、性能を徹底比較してみた。

「ボールはどれも一緒」などと思っている人も多いのではないだろうか。もしくは、「プロはスピン系で、アマはディスタンス系を選択しておけばいい」という程度の認識の人も多いだろう。どちらにせよ、クラブ選びにはこだわるのに、ボールにはこだわりのないアマが大半。

 だが実際には、ボールもクラブと同様、プレーヤーを選ぶ。ゴルフ業界関係者が語る。

「ボールには“飛びの3要素”があります。打ち出し角度と初速、スピン量です。この三つは使用するクラブによっても変わってくるため、本来ならばクラブ選びとセットでボールを選ぶべきなのです」

 とはいえ、ボールの種類は無数にある。一体、どのボールを選べばいいのだろうか。

 今回は本間ゴルフの協力の下、同社酒田工場に隣接するテストセンターで、売れ筋、新発売、非公認ボールなど16種類(下図参照)をテストした。スイングロボットを使用し、各球種につき最低5球以上のデータを機械で計測。その平均値を算出した上で、性能を比較した。

テストしたボール一覧

タイトリストPRO V1(スピン系)
タイトリストVG3(ディスタンス系)
タイトリストDT SOLO(低価格品)
スリクソンZ-STAR(スピン系)
スリクソンDISTANCE(低価格品)
ゼクシオAERO SPIN(ディスタンス系)
ブリヂストンゴルフTOUR B330RX(ディスタンス系)
ブリヂストン ファイズ(ディスタンス系)
キャロウェイSR2(スピン系)
ミズノJPX DE(ディスタンス系)
テーラーメイドTOUR PREFERRED(スピン系)
キャスコKIRA KLENOT(ディスタンス系)
ナイキ レジン・プラチナム(スピン系)
本間ゴルフTW-G1(スピン系)
トブンダDYNAPLUS332(非公認 、ディスタンス系)
ダイソーGOLF BALL(低価格品)

 なお、「飛距離テスト」ではドライバーを使用し、ヘッドスピード秒速38m(非力ゴルファー)、秒速43m(平均ゴルファー)、秒速48m(中上級ゴルファー)の三つの設定で計測。「止まる性能テスト」では、ロフト角52度のウエッジで、ヘッドスピード秒速38辰妊棔璽襪鯊任曾个靴燭箸のスピン量を計測した。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)