NASA「こんな楽しい乗り物は初めてだ!」──横移動バギー(動画あり)

写真拡大

米航空宇宙局(NASA)は、横移動ができ、自律走行もできる電動バギー「Modular Robotic Vehicle」(MRV)を公開した。市街地でも使える技術の開発を目指しているという。

「NASA「こんな楽しい乗り物は初めてだ!」──横移動バギー(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

米航空宇宙局(NASA)が開発した電動バギー「Modular Robotic Vehicle」(MRV)は、普通の電気自動車とはちょっと違う。横移動ができ、素晴らしい走行が楽しめるだけでなく、自律走行もできるのだ。

NASAは、このプロジェクトは、NASAがこれまで開発してきたロボット技術やローヴァーの技術に基づいているが、宇宙だけでなく地球の市街地でも使える車両のための新技術を開発することを目指していると述べている。

MRVの4つのホイール・モジュールは、それぞれ液冷式の推進システムを備えている。各車輪は180度回転するので横移動ができ、曲がり角では流れるようにターンできる。車輪はそれぞれ独立して動くので、とても機敏に動く。

NASAが公開した動画(文末に掲載)には、人間が運転するMRVが狭いスペースに簡単に縦列駐車する様子が映っている。ロータリー(円形交差点)では流れるように横移動している。

MRVの動きはすべてコンピューターで制御されている。完全なドライヴ・バイ・ワイヤシステムになっていて、アクセル、ステアリング、ブレーキの間に機械的つながりはない。

コンピューターのトラブルやワイヤの破損でステアリングがきかなくなることを想定して、MRVにはフェイルセーフの第2モーターと第2コンピューターがあり、万一メインシステムが機能しなくなった場合は、代わって制御する。

NASAはMRVの走行感について、「まるで、コントロールを完全に制御しながら氷の上を走っているようだ」と説明している。国際宇宙ステーション(ISS)の航空管制業務を担当するジャスティン・リドリーは「衝撃的」と表現する。

「遊園地の乗物に乗っているみたいだ、と皆で話しています。運転の楽しさについては設計のときは考えていなかったのですが、いったん走らせてみると、こんな楽しい乗り物は初めてだ、とたくさんの人が言いました」

MRV(PDF)は、総重量が900kg、最高速度は時速約64kmで、1回の充電で約99km走行できる。通常のハンドルのほか、特別設計のジョイスティックを使って操作でき、さらに自律走行やリモコン操作も可能だ。

TAG

EVNASAVideoWIRED UK