最上級のクロワッサン。パリで最高のパン屋賞を勝ち取った「メゾン・ランドゥメンヌ」が話題らしい

写真拡大

フランスのパリで「最高のパン屋賞」を受賞した人気ブーランジェリー・パティスリーが日本に初上陸したのだ。

その名前は「メゾン・ランドゥメンヌ東京」。パリにある「メゾン・ランドゥメンヌ」の東京支店で、2015年3月30日に港区麻布台にオープンした。世界展開では日本がはじめてだという。

こちらは、パリのマルティール通りに位置する「メゾン・ランドゥメンヌ」。お昼時から並んでいる。

数々の賞を
受賞しているパン屋

「メゾン・ランドゥメンヌ」はこれまで数々の賞を受賞してきた。2011年にはパリのグルメガイド「ピュドロ」で、 ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤーパリ、”パリで最高のパン屋賞”を受賞した。

ピュドロは、ミシュランの次に有名なグルメガイドブックだ。

また、2013年には仏フィガロ誌で「パリで最も美味しいクロワッサン」の第3位に選ばれたほど。

オーナーはなんと
日本人の女性

実はこのお店、オーナーはパン職人の日本人女性だ。こちらでは会見の様子が見られる。

「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人の石川芳美さんとパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌさんの二人で2006年にオープンしたお店。

開店以来人気が高まり、毎年出店を重ね現在ではパリ市内に8店舗を開くまでになっている。

手作りにこだわった
パンづくり

「メゾン・ランドゥメンヌ」のパンは、すべて手作りにこだわっている。パンは自家製天然酵母を使用し、低温長時間発酵でゆっくりと熟成させた、小麦の香り豊かな味わいが特徴だ。

小麦やバター、野菜などの原料・材料も厳選した最高のものを使用し、「安全・安心」をコンセプトにしているのだ。

人気商品はクロワッサン

「メゾン・ランドゥメンヌ」のクロワッサンは、パリで第3位の賞を受けたほど評判の高い人気商品だ。バターの芳醇な香りと口の中にいれたらとろけるクロワッサンが人気商品だ。

「クロワッサン・国産バター」は250円(税抜)、「クロワッサン・フランスバター」は480円(税抜)。口溶けがやわらかく、香り豊かなのが特徴。

またバゲットも人気がある。1日1店舗で2000本〜2500本を販売するほどの看板商品となっている。価格は180円(税抜)だ。

機会があればぜひ、本場パリのパンの味を楽しんでみてはいかがだろうか。

メゾン・ランドゥメンヌ東京住所:東京都港区麻布台3-1-5 六本木営業時間:月曜〜土曜 7:00〜20:30(L.O 20:00)日祝日 7:00〜19:30(L.O 19:00) ※ランチタイム:平日11:30〜14:30 / ブランチタイム:土日祝日 10:00〜14:00 定休日: 不定休

Reference:MAISONLANDEMAINE