やっと手にした優勝トロフィーに歓喜のキス!(撮影:ALBA)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 最終日◇19日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>
 待ちに待った瞬間がやっと訪れた。
菊地絵理香の特選フォトギャラリー!
 初日から首位を走る菊地絵理香が最終日も安定したプレーで5バーディ・2ボギーの“69”をマーク。スコアをトータル9アンダーまで伸ばして逃げ切り、悲願のツアー初優勝を挙げた。
 「10アンダーまで伸ばすことだけを考えてプレーしていました」、優勝は意識せずキャディと決めた目標だけを見据えてプレー。途中、14番からは優勝を意識して硬くなったり、猛チャージをかけてきたイ・ボミ(韓国)のことを考え「プレーオフはやだなと思いました」と心を乱されそうになった。しかし、最後まで自分の決めた目標を第一に「落ち着いてプレーすることができた」と18番パー5もバーディで締め、万感の思いのこもったガッツポーズを見せた。
 いつ勝ってもおかしくない選手だったが、これまでは「技術や心の面が不足していた」とすんでのところで優勝を逃してきた。2013年の日本女子オープンで負けて以来、パットは「どんなときもタッチを合わせるよう打つようにした」、それまで入れたいときは強めに打ってラインを消していたが、ここを境にそれを辞めた。またこのオフに宮崎で谷口徹らと合宿を張り、「感性を生かせるパターにしたほうがいい」とアドバイスを受けパターを変更。これらの要因が合わさり、平均パット数は今季グッと下がり昨季までの弱点を克服した。
 またこれまでの敗戦を前向きに考えられるようになるなど、メンタル面でも成長。「これまで優勝争いではバタバタしてしまってたけど」、今回は心を乱すことなく戦いきった。
 自分より若い選手たちが結果を出していく姿に「うらやましいと思っていたこともあった」が、最近ではそんなことを気にすることもなくなったという。「簡単に勝たなくてよかった。これまでがあったから今日があるんだと思います」、手痛い敗戦があった分この日の勝利は格別だろう。
 しかし、菊地にとってこの勝利がゴールなわけではない。優勝スピーチなど繰り返したには「向上心を持っていきたい」という言葉。「もっとセカンドショットの技術を磨いて、伸ばしあいの試合とかでも勝てるようになりたい」。やっと掴んだ栄冠だが、それに浸ることはない。初勝利はあくまで通過点。「アメリカにも一度行きたいと思っていた」と全米女子オープンの予選にチャレンジする予定。初勝利はあくまで通過点。ここで得た自信を胸にさらなる高みを目指していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>