桐生祥秀 男子100m決勝で10秒40の2位に終わる「重いなと…」

ざっくり言うと

  • 織田記念国際第2日の男子100m決勝に19日、桐生祥秀が出場した
  • 10秒40で2位に終わり、日本人初の公認9秒台はならず
  • 「リラックスしすぎた。欲が足りなかった」と振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング