LEGO史上最大の「タイタニック号キット」製品化か

写真拡大

全長120cm強と、LEGO史上最大の大きさになる「タイタニック号キット」が製品化される可能性がある。本物の沈没シーンを再現できるよう、船首と船尾が折れるデザインだ。

「LEGO史上最大の「タイタニック号キット」製品化か」の写真・リンク付きの記事はこちら

乗客たちが死に向かう緊迫したシーンを再現する準備をしよう、セリーヌ・ディオンの楽曲を聴きながら。

呆れるほど細部まで再現された「LEGOブロックのタイタニック号(RMS Titanic)」が、ユーザー企画サイト「LEGO Ideas」で、製品化が検討される目安となる10,000票を獲得したのだ。

LEGO Ideas(旧称は「LEGO CUUSOO(空想)」)は、ユーザーが独自のキットコンセプトを提案し、ファンたちの投票を募るサイトだ。10,000票を獲得したあと、LEGO社による承認プロセスに進み、製作やデザイン、そして法的な面での必要要件を満たしていると判断されれば製品化される。

LEGO Ideas史上最大で野心的なプロジェクトのひとつであるタイタニック号を提案したのは、デザイナーのソーグ(Ssorg)だ。彼は、2015年3月にも双発プロペラ旅客機「ダグラスDC-3」モデルで10,000票を獲得しており、これが2度目の快挙となる。

ソーグ氏は、レゴ専用のCADプログラム「MLCAD」を使って、3種類の大きさの作品を製作した。ごく最近宣伝ページに追加された最小モデルでもかなり大きなもので、全長41.4cmで750個のブロックを使用している。

中サイズモデルは、もっと大きく全長60.4cm、約1,250個のブロックから成る。最大モデルは、4,000個のブロックを使用した巨大な作品で、全長は、6歳児の平均身長とほぼ同じ120.7cm(4フィート)だ。ソーグ氏の試算によると、最大版の価格は250ドルから300ドルだという。

本物の沈没シーンを再現できるよう、最大モデル以外は、船体がふたつに折れるようになっている(タイタニック号は、船底に入り込んだ海水の影響で船首から沈み、船尾が大きく海面から突き出た状態になった。そして、氷山との衝突から2時間40分後、船体はふたつに折れた)。ソーグ氏によると、「少し不気味だが、多くの人が求めてきた」デザインだという。

通常航行時に海に沈む部分である船体底部も取り外し可能で、海上に浮かんでいるかのように棚に飾ることができる。

どのモデルもタイタニック号を見事に復元している。特徴的な斜めに傾いた煙突はもちろん、甲板のレイアウトの細部にまで信じられないほどの注意が払われているのだ。

LEGOによる検討は通常1年かかる。また、製品化される場合も、最小版だけになる可能性が高いだろう。しかし、120cm強のタイタニック号が登場したら、ハードコアなLEGOコレクターたちの話題を集めるはずだ。

TAG

DesignIdeaLEGOTitanicToyWIRED UK