<東建ホームメイトカップ 最終日◇19日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」最終日。8アンダー・4位タイからスタートしたM・ヘンドリーが7つスコアを伸ばし、トータル15アンダーで日本ツアー初優勝を挙げた。
 最終組で初優勝を狙った山下和宏は14アンダー・2位。前半は思うようにスコアを伸ばせず、イーブンでハーフターン。後半に入ると5つのバーディを積み上げ、ヘンドリーを追いかけたが、入れればプレーオフという最終18番のバーディパットは無情にもカップ手前で切れ、単独2位となった。
 13アンダー・3位はH・W・リュー(韓国)。12アンダー・4位は片岡大育。そして11アンダー・5位タイには谷口徹と、カットラインギリギリでの予選突破ながら、決勝ラウンド2日間でともにビッグスコアを出した宮本勝昌が食い込んだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>