<金秀シニア沖縄オープン 最終日◇18日◇喜瀬カントリークラブ(6,881ヤード・パー72)>
 国内シニアツアー開幕戦『金秀シニア沖縄オープン』の最終日。初日3位につけた久保勝美が1イーグル・4バーディ・2ボギーの2日連続の“68”でトータル8アンダーで初優勝を挙げた。
青木功、シニア開幕初日にいきなりエージシュート達成!
 この日、久保は4アンダーの3位タイからスタートし、3番パー5で幸先良くイーグルが先行させる。しかし、その後は一進一退で伸ばせない。それでも後半の10番で5mをねじ込み、頭ひとつ抜け出す。しかし、その後も11番、12番、14番でピンチに。何とかそのピンチを凌ぎ、2位に1打差の7アンダーで18番を迎えた。
 その18番では2位につけていた原田三夫が会心のバーディを奪い7アンダーに並んだ。「一瞬、プレーオフを考えましたね。久保さんのパターは下りだったし」。そんな状況で迎えた久保のバーディパット。「しびれるとかはなかった。元々、きょうは上位に入って賞金を稼ぎたいという方が強くて。優勝なんて考えていなかった。入れられましたけど、僕は3パットしなきゃいいなと思って打ちました」。気楽に打ったパットはラインに乗ってそのままカップイン。右こぶしを握り締めてガッツポーズを上げた。入れ返された原田も「素晴らしい」と握手を求めた。
 高校時代は埼玉・川越商で野球選手だった久保。卒業後、コカ・コーラのトラック配送の運転手をしていた。21歳の時に「営業所対抗のゴルフにお前出ろって。野球やっていたんでできるだろうと」。上達も早く、それからゴルフにのめり込んだ。配送が終わって練習、配送先の店主とゴルフという生活を1年して「プロになれるかも」と、埼玉・高根CCに研修生で入った。「5年でだめならやめようと思った」ところが5年目の1990年にプロテストに合格。「でも、鳴かず飛ばず。ゴルフ場の仕事で生計を立てていました」という。「他のスポーツと違って、ゴルフはやめさせてくれる人がいないから、ずっとやっていた。それでも、お客さんは『優勝する姿を見たい』と言ってくれる。それが励みでここまで頑張れたと思う」と、初めてのツアー優勝の味をかみ締めた。
 「実は明日の日曜日(19日)にキャディマスター室の仕事が入っているんです。月曜、火曜日はラウンドレッスン。でも、優勝したから(19日の)プロアマに出ることになりました。仕事を代わってくれる人を探さないと」と、うれしい悩み。「これからはチャンピオンとして恥じない行動や言葉遣いをしないといけないですね。プレッシャーになりそう。気を引き締めないと」。
 ドラマチックな展開となった2015年の国内シニアツアー開幕戦。残り12試合でも多くのドラマが生まれそうだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>