写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2015年8月1日に前編、9月19日に後編が公開される実写版『進撃の巨人』の90秒の予告映像が公開された。

コミックの累計発行部数が5,000万部を突破し、漫画誌『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の同名漫画を実写映画化する本作は、原作者・諫山創氏の監修のもと、樋口真嗣監督をはじめとした日本映画界、アニメ界、特撮界が誇る各分野最高峰のスタッフが集結して制作。巨人のいる世界とその世界にあらがう若者たちの姿を立体機動のアクションと共に描き、原作の物語やキャラクターをベースに、映画版として新たなキャラクター、新たな強敵を盛り込んだストーリーを構築している。また、8月には映画と連動したオリジナルドラマ『進撃の巨人』が「dTV」でも配信される。

3月19日に公開された映像は一部キャラクターの姿のみにとどまっていたが、今回の映像では、豪華キャスト陣の動く映像、実写版『進撃の巨人』の世界観を体感できる仕上がり。原作でおなじみの左胸に拳をあて「心臓を捧げよ!」や石原さとみ演じるハンジが錯乱した雄叫び「こんなの初めて!」を聞くことができる。

実写版『進撃の巨人』は、前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が8月1日、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』が9月19日に公開。

(C)2015 映画「進撃の巨人」製作委員会(C)諫山創/講談社