SoundCloudにアップされた「国際宇宙ステーションの警報音」

写真拡大

国際宇宙ステーション(ISS)で緊急事態を知らせる警報音がSoundCloudにアップロードされた。本物の、宇宙のアラート音だ。

「SoundCloudにアップされた「国際宇宙ステーションの警報音」」の写真・リンク付きの記事はこちら

国際宇宙ステーション(ISS)で働く宇宙飛行士たちにとって、なるべく聞かずにすごしたい音がある。ピッチの高い警報音だ。

この警報音を収めた30秒の音声ファイルが、「SoundCloud」にアップロードされている。

ファイルを公開したのは、ドイツのミュンヘン近郊にあるコロンバス管制センター。コロンバスは、欧州宇宙機関が製造した、国際宇宙ステーションの科学実験施設のひとつだ。

ISSの船内でこの警報音が鳴らされるのは、たとえば急激な減圧や火災など、生命に危険が及ぶ緊急事態の発生を搭乗員に知らせるときだ。幸いなことに、そうした事態が生じるのはきわめて稀であり、2000年から使われている現在の宇宙ステーションでこの警報音が鳴ったのは、まだほんの数回にすぎない(最近では、2015年1月にアンモニア漏れがあり、6人の搭乗飛行士全員がロシアモジュールに退避した)。

緊急事態が起きたとき、宇宙飛行士たちは、ただちにソユーズ宇宙船の近くに集まることになっている。軌道上の宇宙ステーションにとって、ソユーズ宇宙船はいわば救命ボートとなっているのだ。

しかし、大半の宇宙飛行士たちにとっては、6カ月の宇宙飛行の間にこの音を聞くのは、所定の「避難訓練」のときだけだ。

ISSにいる宇宙飛行士たちと、宇宙ステーションを運営する米国、ロシア、ヨーロッパ、日本の管制官との間では、定期的に「緊急事態」の演習が行われている。そうした訓練がたびたび実施されているのは、ISSのすべての搭乗員が、最悪の事態が起きた場合には何をすべきかを理解しておくためだ。

TAG

AlarmISSSoundSoundcloudSpaceWIRED UK