悲願の初優勝へ勝負の最終日を迎える山下(撮影:上山敬太)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 3日目◇18日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー開幕戦『東建ホームメイトカップ』も3日目が終了。首位のH・W・リュー(韓国)と2打差2位につけるのプロ17年目の遅咲きの苦労人・山下和宏だ。

 序盤からショットの切れ味が抜群で、1番、2番と連続バーディ。3番パー3でもチャンスを作り出すが、前半はパットがなかなか決まらず、ショットの精度の割にはスコアを伸ばせずにいた。だが後半11番で1つ落としたあとの12番から4連続バーディ。13番は8mのパットだったが、12番、14番、15番はいずれも1m前後。17番でもバーディをもぎ取り、トータル9アンダーでフィニッシュした。
 ティショットで同組の小平智に大きくおいていかれたが、安定した1発1発は常にフェアウェイを捉える。ショートゲームへの不安を前日に吐露していたが、最善を尽くした結果、開幕戦での最終日最終組を手にした。
 スコアメイクが持ち味で7年連続シード獲得中だが、いまだ勝利を美酒は味わえていない。過去幾度も最終日最終組を経験するが「平均ストロークが73くらいで…」。だが「最低で60台で回ってダメならしょうがない。ここまできているのでチャンスはある」と前向きだ。
 「明日だけではないですし、明日アンダーパーで回れれば今後が楽しみいなりますから」。気負いはない。ただ好調のショットを信じて、今まで積み重ねた経験を信じて戦うだけだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>