「コルネットストレッチ」

写真拡大

アウトドア用品のコールマン ジャパンは、手足が出せて、中に入ったままでも動けるスリーピングバッグ(寝袋)「コルネット」シリーズを拡充し、伸縮性を高めた「コルネットストレッチ」(3点)を2015年3月から販売している。

手足を自由に動かせる

「コルネットストレッチ」は、約50%伸縮する素材を採用。ジッパーを開けると、腕や足を自由にできる。歩く際にはフットストッパーで本体の裾を固定し、 足元を引きずらずに動くことができる。

キャンプ時のテント内での読書、テント外への移動、天体観測、車中泊などに便利だ。ベルトでまとめて付属の収納ケースに入れれば、コンパクトで持ち運びも便利だ。

「コルネットストレッチ」には使用可能温度の異なる3色のモデルがあり、季節や利用シーンにあわせて選ぶことができる。「コルネットストレッチ/L- 10」は零下10度〜、「コルネットストレッチ/L-5」は同5度〜、「コルネットストレッチ/L0」は0度〜で使用でき、肌寒い春・秋、冬に適している。

価格(税抜)は、「L-10」が1万1300円、「L-5」が1万200円、「L0」が9200円。