NHKドラマ・ガイド「まれ」/NHK出版

写真拡大

4月17日放送の朝ドラ「まれ」(NHK月〜土 朝8時〜)第17回では、
お父さんじゃないお隣さんの徹(大泉洋)が腰を痛めていたから、塩田作業を諦めて東京に活路を求めていたことが判明。
そこで思い出すのは、14日放送の14話。爪を切っていた徹が立ち上がったときに腰をさすっているのです。
12話で「運動不足」と言っていたのも腰のせいだったんですね、きっと。
けっこう細かい伏線つくっているところも注目ですが、17回はやっぱりお母さん藍子(常盤貴子)の過去(引っ越し業にヒーローショーの着ぐるみバイト!)、そして、徹への気持ちです。

「ほやけど お母さん
やっぱし お父さん好きねんよ
ボクシングより お父さんの
だらな でかい夢 聞いて
一緒に笑うとる方や
強くなれたさけ」

人を殴ることよりも笑うことのほうが強いというのはいい話ですね。
このように「まれ」は教訓めいた台詞が多いです。

「よう考えて
本気で決めた事なら何でもいい。
間違えたら やり直せばいい」(藍子)とか
「だめながはしょうがない。
だめなりにがんばるまし」(希)とか。

その一方で、言葉にならない複雑な感じを盛り込んでいく篠崎絵里子(大でなく立のほう)の脚本。

ケーキ職人への思いに揺れ動いているとき、市役所の第一次試験の合格通知が届きます。そのときの希の複雑な表情。落ちていたら、ケーキ職人の道に行く理由ができるという他力本願は叶わないんですね。
さらに、作ったケーキを食べた藍子の言葉。
「どんなって
希の作ったケーキは
いうぃつも おいしいげんよ!
かわいい娘が作ってくれたケーキやもん
おいしさも100倍やわ!」
嬉しい褒め言葉のはずが、爽快な笑顔でなく瞳がうるっとしてる希を見て、16話で、一流パティシエ・池畑大悟(小日向文世)に、食べた人の笑顔が見たかったら家族や身内相手に作っていればいいと、言われたことを思い出しました。藍子の娘への愛情は、プロの世界の厳しさとは違うものなんですよね。そこに気づいたとき、希はプロの道(夢の道)に少しだけ近づいているのかも。
(木俣冬)

タイトルバックに驚いた。NHK朝ドラ「まれ」1話をレビュー

お金がなくても生きていける「まれ」連続レビュー2話

朝ドラファンなら大泉洋と能年玲奈との共演作をチェックすべし「まれ」3話

ダメ男たちのドラマなのか「まれ」4話

いつも笑ってる家族が欲しかったら 自分でみんなを笑わせてみよう「まれ」5話

いよいよ土屋太鳳(本名)登場「まれ」6話

公務員の魅力をキラキラ語る土屋太鳳「まれ」7話

田中裕子の魔性について考えてみた「まれ」8話

「あまちゃん」との違いは時間の描き方なのかも「まれ」9話

本当の駄目人間とは「まれ」10話

こわくても夢をかなえたい「まれ」11話

地に足のついた「夢」を「まれ」12話

祭りん時の女の言葉をちゃ鵜呑みにしたら駄目やわ「まれ」13話

大泉洋の詩的な身体「まれ」14話

貧しいならではのお菓子作りを決意。名言炸裂「まれ」15話

いきなり見込みがあるかどうか聞いてくるようなやつには見込みなんかない「まれ」16話