宇宙最初のエスプレッソ・マシン「ISSPresso」が現在、無事に国際宇宙ステーションに向かっている。宇宙飛行士たちがおいしいコーヒーを飲めるようになるのももうすぐだ。

「国際宇宙ステーションに、エスプレッソ・マシンがもうすぐ到着」の写真・リンク付きの記事はこちら

国際宇宙ステーション(ISS)へ送られる最新のアイテムには、非常に重要な荷物が含まれている。宇宙に行く最初のエスプレッソ・マシン「ISSPresso」だ。

SpaceX社のロケット「Falcon 9」は、4月13日の午後(米国時間)打ち上げに成功。補給船「ドラゴンCRS-6」が、1,800kg以上の科学研究用機材と食品などをISSに搬入する予定だ。

ISSPresso(日本語版記事)は、2014年11月からISSに搭乗している宇宙飛行士サマンサ・クリストフォレッティ(日本語版記事)のために設計されたエスプレッソ・マシンだ。当初は2014年内にISSに届けられるはずだったのだが、搭載していたOrbital Sciences社の物資輸送用無人ロケット「アンタレス」が10月28日の打ち上げ時に爆発し(日本語版記事)、一緒に破壊されてしまった。

ISSPressoを開発したのは、イタリア宇宙機関とイタリアの大手コーヒー・ブランドであるLavazza、そして同国のエンジニアリング企業Argotec社だ。

ISSPressoは、微小重力状態でおいしいコーヒーをつくれるよう、幾度も改良が重ねられた。例えば普通のエスプレッソマシンの場合、スチームパイプはプラスティック製で9バールの圧力に耐えられればいいのだが、ISSPressoでは、400バールの圧力に対応できるスチール製のパイプに差し替えられている。

ISSPressoでは、淹れたてのコーヒーをカップに注ぐのではなく、生理食塩水バッグとさして変わらない小さなポーチにコーヒーが入れられる。ISSのすべての飲み物に適用されるこうした方法は、宇宙飛行士たちがストローでコーヒーを飲むことを意味する。それでも宇宙飛行士たちには「精神的な支えが非常に重要だ」と、宇宙ステーション・プログラムの副マネージャーを務めるダン・ハートマンは言う。

ハートマンはコーヒーがもたらす心理的効果を、ISSで時おり提供されるアイスクリームに匹敵すると考える。「コーヒーやアイスクリームは、気分を高揚させるためのものです。滞在中にはときには過酷な日もありますが、一口のアイスクリームによって彼らは困難を乗り越えることがでるのです」

関連記事優雅な「無重力空間向けコーヒーカップ」

TAG

CoffeeFoodISSNASAWIRED UK