大富豪が「貧しい家庭」に息子を預けた結果・・・幸せってなんだろう?

写真拡大

「大富豪が自分の子どもを、貧しい農村の家庭に送ったらどうなったか」という、有名な話をご存知でしょうか。

とある大富豪のお父さんが、息子を貧しい農村の家庭に送って、どれだけ自分たちが恵まれていて幸せなのかを教えようとします。

しかし、帰ってきた息子が予想外の話を始めるのです。

Let Me Tell You Something Son

まずお父さんは、農村の生活から帰ってきた息子に、「私たちの家と彼らの家との違いは何だった?」と聞きました。

すると興奮ぎみに「すごい違ったよ!」と答えました。そしてこう続けたのです・・・

th_スクリーンショット 2015-04-17 14.50.46

僕たちは犬を1匹飼ってるけど、彼らは4匹も飼っていたんだよ。僕たちは画面を見ながら、一人でゲームで楽しんでいるんだけど、彼らは自然の中で友達といっぱい走りまわっていたんだよ。僕たちの家の庭では、夜照明が照らしてくれるけど、彼らの庭は夜中キラキラと輝く月と星が照らしてくれていたよ。 僕たちの家の庭は安全のために壁に囲まれているけど、彼らの家の庭には壁はなくて、地平線が見えたんだよ。僕たちは家に帰ったらCDを聴くけれど、彼らは鳥のさえずりとか自然の音に耳を傾けていたんだ。僕たちの家には鍵がついているけど、彼らの家はいつでも友人たちを迎えられるようにドアは常に空けていたんだよ。僕たちの街では、みんなスマホやパソコンを見ながら文字で会話しているよね。でも向こうでは人の目を見ながら言葉で会話しているんだよ。

My Boy

お父さんは息子が、言ったことに驚きました。そして最後に息子はこう言いました。

「お父さん。僕たちがどれだけ本当は貧しいのかを、教えてくれてありがとう!」

これは数年前からネット上で流布している有名な話。読んだことがある人は、今更と思うかもしれません。

本当の「豊かさ」とは何なのか、私たちに考えさせてくれるきっかけになる話ではないでしょうか。

忙しさのあまり、大切なものを見失っていませんか?自分にないものばかり数えて、卑屈になっていませんか?本当の幸せはお金では買えず、いつだってあなた自身の考え次第なのかもしれません。