17日、韓国メディアによると、作家・村上春樹氏が「日本は過去の侵略の事実を認め、相手国が納得するまで謝罪するべきだ」と述べたことが、韓国で話題となっている。写真は村上春樹氏の著書。

写真拡大

2015年4月17日、韓国・国民日報によると、作家・村上春樹氏が「日本は過去の侵略の事実を認め、相手国が納得するまで謝罪するべきだ」と述べたことが、韓国で話題となっている。

【その他の写真】

村上氏はこのほど、日本メディアのインタビューで、日中韓の関係について、「細かいことはともかく、日本が他国を侵略したことは事実。歴史認識はとても重要だから、しっかりと謝罪することが大切だ。相手国が納得するまで謝罪するべきではないか」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「さすが村上春樹!日本にいるなんてもったいない。韓国に移民するべき」
「日本の知識人らは正しいことを言うが、政治には何の影響も及ぼさない。国民も耳を傾けないし…」

「韓国人は日本を信じられなくなってしまった。だから、日本に謝罪されても、また裏切られるのではないかと心配になる。今の段階で日本の謝罪に何の意味があるかはわからないが、それでもしないよりはマシ」
「こういう人がいるから、日本を嫌いになれない!」
「村上作品のファンであることを誇りに思う!」

「韓国人は日本が謝罪しても『誠意が感じられない』と言い続けるだろうけどね」
「植民地に謝罪や賠償をする国なんてない。日本はよくやった方だ」

「最近は日本よりも中国や韓国で本が売れているのかな?」
「韓国人が『誠意ある謝罪=金』と考えているから駄目なのでは?政治家を含め、日本人のほとんどが過去の侵略を反省しているよ」(翻訳・編集/堂本)