4月16日の国別対抗戦(※)。男子ショートプログラム(SP)の演技を終え、取材エリアに姿を見せた羽生結弦に、「今日の僕のステップ、どうでした?」と、いきなり逆に質問された。

※世界ランキング上位6カ国による団体戦。日本からは、羽生結弦、無良崇人、宮原知子、村上佳菜子、古賀亜美&フランシス ブードロ・オデ(ペア)、キャシー・リード&クリス・リード(アイスダンス)が出場。そのほかの出場国は、ロシア、アメリカ、カナダ、フランス、中国。今回は東京で開催。

「世界選手権の時、SPのステップがフワフワしていたことについて聞かれたので、僕もそれを少し気にしていたんです」

 2週間前の世界選手権のSPでは、後半のステップシークエンスでいつものようなキレと粘りが見られず、軽めに滑っているように見えたため、こちらがそれについて聞いたことを覚えていたのだ。

 羽生は、その質問を気にしていたという。そして、シーズン最後の試合となるこの大会のSPで、見事なステップを披露した。

「今回は、ほぼ自分でピークをつくりましたけど、ここまでいい感じでこられたと思います」

 そう話す羽生は、深いエッジングの粘りのある滑りを見せ、世界選手権のフリーの演技のように、自らの滑りに集中していた。それに加えて圧倒されたのは、気迫を感じさせるジャンプだった。

「4回転トーループとトリプルアクセルは、今日の朝からちょっとだけ不安を感じていた」と話すが、出だしから徐々にスピードを上げた冒頭の4回転トーループは、今年初めて完璧に決めた。さらに、後半のトリプルアクセルも自信にあふれた完璧なジャンプだった。

 ジャンプはともに、GOEの加点が2・71点。羽生は「4回転トーループでトリプルアクセルと同じくらいの加点をもらえたのはうれしいです。そう考えるとやっと自分らしいトーループを跳べるようになったのかなと思います」と話す。

 その後、今シーズン苦しんでいる3回転ルッツで着氷を乱し、強引につけた3回転トーループで転倒。それでも、ミスをそれだけに抑えると最後までスピードは衰えず、ステップとスピンはレベル4の評価を獲得。演技構成点では46・29点を獲得。今季SPの自己最高となる96・27点を獲得した。

 ただ、羽生は演技終了後、真っ先に「本当に悔しいです」という言葉を口にした。

「今回はルッツの練習をしっかりやってきていたんです。世界選手権ではSP、フリーともに決めていたし、いい状態できていた。現地(東京)入りしてからの練習で、ルッツは1回もミスがなかったけど、試合になるとなかなか難しいものですね。もっと練習します。今日はあまりにも、ルッツの前のスピードがなかったなと思います。4回転トーループとトリプルアクセルがきれいに入ったのは良かったけど、それ以上にルッツのミスが悔しかったです」

 ルッツ失敗の要因を羽生はこう分析する。

「ルッツに入る前に、ターンやクロスで自分がスピードを上げられる機会は3歩しかない。そこがうまくハマりきらないというか......。そう考えると、自分は少ない歩数でトップスピードに持っていく技術がまだないのかなと。シーズンを通してスピードとエッジの使い方に関する努力が足りなかったのかなとも思います」

 五輪王者であるからこそ、今シーズンはさらに進化する姿を見せたいと心に決めて臨んだ羽生。その目論見は、GPシリーズ初戦・中国大会でのアクシデントや、年末の手術などの影響で、思うように実現できないでいた。だからこそ、完璧な演技をしてシーズンを終えたいという思いを持ってこの国別対抗戦に出場した。

「今回のSPは、気合いが入っていたのか、吹っ切れていたのかはわからないですけど、自分の中にはみなさんが思うほど『追いかける立場になった』という感覚はなくて、ただひたすら、世界選手権で負けた悔しさがあったのかなと思います。いちばん悔しかったのは間違いなく(4回転ジャンプをミスした世界選手権の)フリーなので、その悔しさを明日ぶつけたいと思います」

 今回、他の日本勢は男子の無良崇人が4位に食い込み、女子は村上佳菜子が5位で宮原知子が6位と、日本は総合でアメリカに次ぐ2位につけている。

 優勝のためには、エースである羽生の活躍が欠かせない。シーズン最後となる羽生の演技から目が離せない。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi