日本で初めて開催される国際航空連盟(FAI)公認の飛行機レース世界選手権「Red Bull Air Race Chiba 2015」。住友ゴム工業のFALKENブランドはこのシリーズに、アジア人として唯一参戦するパイロット室屋義秀選手とのサポート契約を発表。同時に、同エアレースの観戦チケットが当たる「みんなで室屋選手を応援しよう!! キャンペーン」実施も発表した。

Red Bull Air Raceは、世界最新の航空レースを提供しようというアイディアを元に、2005年から正式スタートしたプロペラ機による飛行機レース。このたび、千葉市の幕張海浜公園にて、「Red Bull Air Race World Championship 2015」(全8戦)の2戦目を5月16日・17日の2日間、開催する。同レースは、世界トップクラスのエアレースパイロット達が高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用し、高さ25mの空気を膨らませたパイロン(エアゲート)で構成された低空の空中コースを最高時速370kmで飛行し、技の正確さと速さを競うエアレースとなる。

同レースに参戦する室屋選手は、2008年にアジア人初のRed Bull Air Raceパイロットに抜擢され、2014年には初の表彰台となる3位入賞を果たしている。FALKENは、世界各地で開催されるエアレースに日本人パイロットとしてただひとり果敢に挑む室屋選手の姿が、同じく世界に挑戦し続けるFALKENブランドのイメージと重なるとして、今回のサポート契約を結ぶこととなった。

また、今回の室屋選手とのサポート契約を記念し、「みんなで室屋選手を応援しよう!! キャンペーン」を4月17日より実施。同キャンペーンは、FALKEN公式facebookページのキャンペーンページより参加し、室屋選手への応援コメントを記入した人の中から抽選で5組10名に「Red Bull Air Race Chiba 2015」決勝日(5月17日)の観戦チケットが当たる企画となっている。

(木下健児)