Chromeブラウザをバージョン42にしてUnity Web Playerが動かなくなったときの対処法 「chrome://flags/#enable-npapi」

写真拡大

4月14日(米国時間)にリリースされたChromeブラウザのバージョン42。最新版にアップデートすると、ウェブゲームやインタラクティブコンテンツの実行環境であるUnity Web Playerがインストールされていないと認識され、Unityコンテンツが利用できないという現象が発生しています。これは、Chromeが新バージョンからNPAPI(Netscape Plugin API)を初期状態で利用できなくしているため。ここでは、再びUnity Web PlayerをChromeで利用可能にする対処法をご紹介します。

対処法は、Chromeのアドレスバーに「chrome://flags/#enable-npapi」と入力すること。「NPAPIを有効にする」という項目が表示されるので、「有効にする」をクリック。

Chrome設定画面
「無効にする」と表示が切り替わったら設定完了。

モゲラ
Chromeを完全に終了してから再度起動すると、Unity Web PlayerでUnityコンテンツの利用が可能になります。

※コンテンツ例
【デッキ構築型RPG】DeckDeDungeon | モゲラ
http://mogera.jp/gameplay?gid=gm0000002698