ハリルホジッチ監督が就任した新体制の日本代表はいいスタートを切った。チュニジア、ウズベキスタンに連勝し、結果としても内容としても「いい船出」と言うべきだろう。

 招集されたメンバー構成を見ると、バックアップも含めて新しい選手が呼ばれており、その新戦力を試したうえで結果を出した。しかも、監督が各選手の良さを引き出してくれた。この点も評価できるポイントだ。

 ブラジルW杯やアジアカップでは、メンバーを固定化することで、競争がなくなる弊害が指摘されていたが、この先、若手や新戦力が起用されることで、競争意識がいい方向に働いていくことに期待したい。

 2018年のロシアW杯へ向け、本田圭佑や長友佑都、岡崎慎司ら北京五輪世代がチームの中心になっている現状から脱却し、これからはロンドン五輪世代や、その下の世代の突き上げがもっと必要になる。若手の活躍によって本田らも刺激を受け、さらに成長していくはずだ。それが、チーム全体のレベルアップにつながる。

 また、ハリルホジッチ監督のサッカー観は、日本人に合っていると私は思っている。チーム全員に「規律」を求め、「チームがスターになるべきだ」という言葉からも、組織力を重視していることがうかがえる。

 前から激しいプレッシャーをかけ、ボールを奪ったら縦にスピードアップをして、90分走り続ける。これはハビエル・アギーレ監督も指向していたスタイルだ。同じようなコンセプトのサッカーを、岡田武史監督も2010年のW杯南ア大会前に試みたことがあったが、このときは選手の足が75分で止まってしまい、結局岡田監督はそのスタイルを断念した。

 今回の2試合で、ハリルホジッチ監督が求める「ハードワーク」を選手たちは90分実行できていた。だが、相手がドイツのような強豪になったときでも同じようにできるかどうかが重要であり、交代枠が3になっても、選手が走りきれるかどうか(先のチュニジア戦、ウズベキスタン戦は親善試合のため交代枠が6あった)。それをこれから先の試合で注視したい。

 ハリルホジッチ監督のサッカーは、ボールを奪ったらゴールに向かう「ダイレクトプレー」が求められる。つまり、縦への推進力が不可欠だ。その攻撃の一角を担うFWが、宇佐美貴史だろう。

 宇佐美は、ドリブルでしかけてシュートまでもちこめる日本人選手のなかでは貴重なアタッカーだ。視野も広く、戦術眼もある。ユース年代のころから代表に選ばれ、U-17W杯などの国際舞台で活躍してきた経験もある。

 なによりもすばらしいのは、彼のドリブルはシュートを打つためのドリブルであり、そのほかのテクニックもすべて「得点をとるため」のものであること。DFを抜きさるのではなく、かわして、わずかでもコースをつくってシュートを撃つ。そのためのフェイントやドリブルであり、バリエーションも豊富だ。最大の特徴は、シュートの振りがコンパクトなこと。DFやGKはタイミングがとりづらいはずだ。

 22歳の彼が10代のユース年代のころは、「4−2−3−1」が主流で、「3」のサイドかトップ下というポジションが主戦場だったと思うが、今は「4−4−2」の2トップか、「4−3−3」の3トップの1角でプレーする機会が増えている。それに適応していくことでプレーの幅が広がっていると思うし、結果もついてきている。

 宇佐美の個の力、才能は疑いようもない。現在J1の得点ランキングトップ(第5節終了時点で6得点)。ここからさらにゴールを増やすために何をすべきか。それは、ワンタッチゴールを増やすことだろう。そのために必要なことは、オフ・ザ・ボールの動き、つまり、ボールを受ける前の準備段階の動きの質を向上させることだ。

 オン(ボールを持った状態)は問題ない。課題はオフ(ボールを持っていないときの動き)にある。ここのレベルアップをさらに意識して、絶えず相手DFとのかけひきをする運動量の増加も欠かせない。

 こんなデータがある。ブラジルW杯で決まった全ゴール171のうち、ペナルティエリアの外から決まったゴールは17だけ。つまり、残りの約90%はペナルティエリアの中から生まれている。このペナルティエリア内での動き、さらにはゴールエリア内での動きの質の向上が、絶対に必要になる。そのことは本人も十分理解しているだろう。

 前田遼一(2009年、2010年J1得点王)や、大久保嘉人(2014年、2015年J1得点王)もそうだったが、若いころにドリブラーとしてしかけていくイメージが強かったFWは、ゴール数が増えていくことに反比例して、ドリブルする回数とボールタッチ数は減っていく傾向が強い。

 つまり、得点を奪うために何をするべきかを理解していくことで、無駄な動きが減っていき、ボールを持っている時間よりも、持っていないときの動きがレベルアップし、ゴール数が増えていったといえる。

 重要なのは、どんな形でもとにかくゴールを決めること。相手を抜きさることでも、美しいゴールを決めることでもない。華麗なゴールを1点決めるより、泥臭くても2点取ることのほうがチームに貢献できる。

 ペナルティエリア内でシュートを決めるためには、シュートを撃つときに、「難しい技術が必要ない状態」にすることが重要になる。そのためには、なによりも準備をすること。マークを外す動き、DFラインとの駆け引き、細かい動き直し。テレビには映らないボールのない場所での動きが、「準備をする」ということだ。ここの質を上げていけば、宇佐美がJ1得点王になる可能性はさらに高くなり、日本代表の攻撃の中心になっていけるはずだ。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro