キッチンは、素晴らしいコワーキングスペースになる

写真拡大

共有Wi-Fiと、椅子と、ちょっとした食事があればいい。ミラノでは、すでに実践している人がいる。

「キッチンは、素晴らしいコワーキングスペースになる」の写真・リンク付きの記事はこちら

キッチンでミーティングを開くところを想像してみよう。そのとき、かたやリヴィングルームは会議室に変身しているかもしれない。シェアリング・エコノミーの時代には、オフィスのあり方も考え直される必要がある。

Hofficeは、家を完全なコワーキングスペースにするスウェーデンの組織だ。BlaBlaCarAirbnbと同じように、ネットで出現しつつある傾向が生んだサーヴィスだ。つまり、信頼関係によって成り立っている。

Hofficeの提案はシンプルだ。家のホストがFacebookでイヴェントを作成し、位置と基本的な情報を提供する。どこに家があるのか、どれくらい作業場所があるか、Wi-Fiなど、どんなサーヴィスが提供されているのかなどだ。そして当然、何時に昼食のサラダを一緒につくるのかも。利用者にはその日の消費を分担するために、自由な寄付が求められる。

ホストはファシリテーターでもあるので、コワーキングスペースに集まった人々がお互いをよく知り合うためのブレイク・セッションも行う。Hofficeは、コーヒーブレイクをどのように1日のなかに組み込めばいいかといったアドヴァイスもしている。

関連記事コーヒーが「働く」を変える、IDEO Tokyoのワークデザイン

2週間前にHofficeが立ち上げられたミラノでは、すでに3つのイヴェントが動いている。Hoffice Milanoの主催者、ロッセッラ・フェロレッリは、Hofficeの特徴についてこう話す。

「Hofficeはオフィスの時間ではなく、家の時間を基本にしています。肩の凝らない雰囲気とサーヴィスの気まぐれさが、ゆっくりと、ストレスなく働くことを可能にしています」とフェロレッリは言う。「このコワーキングスペースの最も面白い点は、くつろいだ家庭的な環境のなかで、利用者が新しいストーリーを発見し、価値ある出会いや将来につながるコラボレーションが生まれることです」

世界中のHofficeを示したマップもある(訳註:東京にも存在する )。

関連記事その「理想のオフィス」は本当に「理想的」? Studio KNOLが見つけた「自由な職場」の矛盾 #WXD

TAG

FacebookOfficeSharing EconomyWIRED ITWorkstyle