Ingress - Google+より

写真拡大

4月25日(土)〜26日(日)に、六本木ヒルズや森美術館などで行われる一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2015」。

【アートの中で一夜限りのIngress体験を! 六本木アートナイトで特別企画の画像・動画をすべて見る】

同時開催プログラムとして、世界200ヶ国以上の国と地域でプレイされているモバイル向け陣取りゲーム「Ingress」の体験ができる「イングレス 六本木アートナイト・スペシャル」が企画されている。開催時間は25日(土)10時〜26日(日)18時まで。参加料は無料。

六本木がインタラクティブなゲーム空間に!


プレイ画面/Ingress ヘルプより

プレイ画面/Ingress ヘルプより



Ingressは、スマートフォンを使って多人数が同時に参加できるという、Googleが提供するオンラインゲーム。

ゲームではGoogle Mapsの技術を用いており、プレイヤーは地図そのものをフィールドにして、身の回りの世界を探索し、「ポータル」と呼ばれる建造物やモニュメントなどを発見し、陣取りを行う。

プレイすると実在する史跡、公園、パブリック・アートを自然と巡っていけるため、たしかに「六本木アートナイト」にぴったりなゲームとなっているが、何が行われるか詳細は不明。ただし、Google側は「一夜限りの特別な体験を提供する」としているため、なにやらその日のためだけのスペシャルな仕掛けがありそうだ。



ゲームのストーリーは、まずプレイヤーが「Resistance」と「Enlightened」と呼ばれる二つのチームに分かれる。前者は邪悪な未知のエネルギーから人類を守ること、後者はそのエネルギーを利用して人類を覚醒に導くことを目的としている。

どちらの側に立つかはプレイヤー次第になっており、プレーヤーは、敵ポータルを攻撃したり、自分の陣営のポータルを守ったりしながら、自己陣営のポータルをリンクでつなぐことでCF(コントロールフィールド)という陣地を作り、その面積を競う。

ぜひ一夜限りのアートな空間の中で、Ingressの世界を体験してみては。