カルピスを飲む内田真礼さん

写真拡大

[PR]今年もまた春を迎え、新しい環境で、新しいことに取り組む方が多いと思います。

【声優・内田真礼のゲンエキインタビュー「現実をさらけ出して向き合いたい」の画像・動画をすべて見る】

そんな「挑戦する」人たちを応援するために、「初恋の味」のキャッチフレーズや「甘ずっぱい青春」をテーマに、コミュニケーションを展開している「カルピス」ブランドが企画を立ち上げました。

2015年4月からさまざまな業界において現役で活躍する方に、初恋青春の話のみならず、これまでの活動やこれからの目標、これから活躍する人へのメッセージなどについて、ゲンエキ[現役]インタビューをしていきます。

その第1回のインタビューに登場するのは、人気アニメ作品『中二病でも恋がしたい!』でメインヒロインを演じたほか、テレビ東京系列の子ども向けバラエティ番組「ピラメキーノ」で準レギュラー出演するなど、声優としてだけでなく歌手や女優、グラビアと、マルチに活躍する内田真礼さんにお話を聞いていきます。

記事最後には、内田真礼さんのサイン入り特別グッズプレゼントキャンペーンの詳細も!

取材・構成:臼井照人、織田上総介

自分の好きなことを伝える仕事がしたかった


maaya009


━━声優のみならずマルチに活躍している内田さんは普段どういったお仕事をされているのか、また、その仕事に就くきっかけなどを教えてください。

内田真礼(以下、内田)普段は声優という、キャラクターなどに声をあてる仕事をしています。

声優という職業は、小さい頃からずっとやりたいと思っていたわけではなく、仕事をするのであれば、自分の好きなことを伝える仕事がしたいと思い、「日本が好きだから舞妓さんになろう」とか「旅行が好きだからバスガイドさんはどうかな」とか、いろいろ迷ったりしていました。

そういった想いを持ちながら中学の時に演劇に出会い、自分のなかでお芝居をするのが好きだなと思うようになりました。

そこに加えて、もともとゲームが好きだったことから、ゲームキャラクターがゲームの世界で過ごすような、ストーリー性の強い人生を送りたいと考え始め、「それに近いことができるのは何か?」と考えた時に声優という仕事に行き着きました。

━━そこから声優という仕事に就くために、どういったことをされたのですか?

内田 声優になるために、まずは声優になるための養成学校を調べ、入学し、通い始めました。

今も思っていることなのですが、声優として独り立ちするためには、まずはキャラクターがいて、そこにさまざまな色付けがされ、一つのものとして出来上がった時に成立する存在だと思うんです。

自分への自信のなさもあるのですが、もともと私自身が黒髪でメイクも薄く、主張がない感じで、ある種、何にでも染まれる存在でした。そんな人だったからこそ、作品で役に入ると”その子”になりきれたという経験があり、結果的に声優というお仕事が自分に向いていたのかなと思います。

━━ただ、最近では声優のみならず歌手やグラビアをされていると思います。それは内田さんが「自分が演じるだけではなく、自分自身をどういう風に見せていくのか」を意識されている風に感じたのですが、いかがでしょうか?

内田 そうですね。最近気付いたんですが、私は「キャラクターを自分に寄せている」タイプなんですよね。例えば人によっては、「こういうキャラはこういう子だから」と、自分からキャラクターに近づいていっています。

でも、私は私がキャラクターと同化している感じであり、例えばアニメ作品上ではキャラクターがしゃべっているのですが、そこに私らしさも残っていると感じるようになりました。

それがハマれば良いのですが、ハマらないと全然ダメで……というのを繰り返し、でも、ちょっとずつ「それで良いかも」と思えてきたところですね。

無理せず、地に足をつけて頑張る


maaya017


━━役のことを考えたり、音楽活動をしたりとお忙しい中、心休まる時はありますか?

内田 心休まる時……家にいる時間をつくるようにしています。最近は、自炊して、朝も家でちゃんと食べてから仕事するとか、夕飯は帰ってからつくったりすることが増えています!

今までずっと、お米なんて買ったって2kgすら1年で使い切りませんでした(笑)。でも、最近ではちゃんとお米を買うことが増えて、「それって良いことだな」と思えるようになったんです。

たぶんそれは25歳になって、何か変わらなきゃいけないと思うようになったんですよね。

━━ちゃんと息抜きをした上で、その後の「よし、頑張るぞ!」というモチベーションはどこからきていますか?

内田 頑張りすぎないように、無理しない量を欲張らず、自分に来たお仕事にまじめに取り組むということを決めていることがモチベーションになっています。

例えば自分の今年の目標は「地に足をつけて頑張る」ことなんですよね。そして去年が「大きな会場でライブをする」で、それは横浜アリーナでやらせてもらったんです。

仕事をしていくうちに、一番基礎になる土台が必要だなと思って、今年一年は「仕事を一つずつ大切にする」のと、「調子に乗らない」という目標にしました。

━━自己完結していますね。他人に頼ることより、「目標を設定して、その都度頑張ろう」ということですね。

内田 そうですね。周りの人と自分のイメージがもっと明確にしていきたいなと思うようになったので、そこは大切にしたいなと思っています。

すごく「調子に乗っていた」学生時代


maaya015


━━自分自身に自信がなかったデビュー当時から自分を出していこうと、25歳を迎え、大きな心境の変化があったんですね。では、デビュー前に仕事に抱いていたイメージと働いてみたイメージのギャップはありましたか?

内田 正直、声優だけではなくマルチに仕事をしていくことは想定していました。私が業界に入る前も、堀江由衣さんや田村ゆかりさんという先駆者たちがいて、みなさんすごい幅広く活動していたから、「こういうのもあったら楽しいな」と、ふわっとした気持ちはありました。

なので、デビュー当時はいろんな仕事をしていて、4人でユニットを組んで踊っていたりしたんです。

例えば、今はもうないのですが、秋葉原の石丸電気のイベントスペースで初ライブをしたり、女子プロレスラーさんと一緒に出演したり、バンジージャンプをしたりと、謎のお仕事をいっぱいしていました(笑)。

最初は動揺もありましたが、「お仕事としていっぱいもらえるなら」と思い、やり続け、そして今、やっと自分として「こうしたい」という気持ちが出てきたので、あの頃はあの頃で楽しかったしそれが今の糧になっています。

━━ギャップはあったけれど、それも覚悟の上だったということですね。

内田 そうですね。ただ、デビュー前後で心を入れ替えるのが大変でしたね。というのも、自分がすごい嫌な奴だったから……(笑)。調子に乗っていたというか。今の事務所に入る前に、みんなで受ける養成所の試験があったんです。

そこでは10人くらいの生徒がいて、あとはマネージャーが見ているという対面式の面接でした。そのなかに「最後にみなさん、何か一言あれば」と言われた時に「はい!私、売れます!」って言ったんですよ……そして落ちちゃって(笑)。

そこから「あ〜、私調子のってんな」と思い、もう1年養成所で頑張った結果、翌年同じ事務所に受かりました。

やる気満々だったし、前のめり過ぎて引いちゃったんでしょうね。自信はあったし、歌やラジオも動画も、そしてお芝居もギャグも、声優さんのお仕事は何でもやってやると決めて入ったので。

事務所に入った後は、来たお仕事を全部受け入れていたら、いつの間にか水着になっていました(笑)。

楽しいことよりも自分を高めていたい


maaya007


━━自信はあったけれど打ち砕かれ、立て直すための期間があったと思うのですが、その1年でダメだったところを埋めるために頑張ったことはありますか?

内田 私は養成所に入る時に、3年コースのところを「中学の時に演劇部に入っていたら、大丈夫だろ」と思って、2年コースのほうにしたんですよね(笑)。

そして養成所に入り、3次面接で落とされたという経緯があったので「基礎が足りなかったんだ」と思い、基礎固めをしました。デビューから5年経ってみて、いまだに基礎が足りないとは感じていますね。

━━中でも、今、足りない基礎の部分はなんですか?

内田 私に基本的に足りないのは対人コミュニケーションですね。その部分を埋めないといけないなと思っていて…。

私、友達とあまり会わないんですよね。周りがライバルだと思っちゃって、仲良くなりきれない。深いところまで見せていないから、もうちょっと馴染んでいけたらいいなとは思います。

━━アニメで一緒にいろんな仕事をやって、仲良くなったりしないのですか?

内田 仲はいいのですが、みんなでお泊まり会とかはしないですね。仲間をつくるよりも、私は人に見てもらいたい願望が強くて……だから、自分のマネージャーさんだとかは、すごく大事になってくるんですよね。

また、自分の音楽活動で衣装やメイクを担当してくださっている方も自分のことを考えてくださっているので、そういった自分を見てくれる人といろんな話をしたりします。

何か楽しいことをしたいというよりも、自分を高めるために、何か進むためのものだけを求めてしまうところがあります。

━━対人コミュニケーション力の不足や常に自分自身を高めようとするなど、一人で抱え込み、一人で戦う感じで悩みが多そうですね。

内田 「これからどうしてもいけばいいんだろう」というのは常に悩みます。私が目指しているところに行くためには、プライベートでも仕事の面でも、捨てなきゃならないものもありますし、それを諦めきれるのか、いろいろ葛藤はありますね。

辛いなかで戦うことが青春だった


maaya003


━━話は変わって、以前、内田さんがヒロイン役としてご出演されたアニメ作品で『中二病でも恋がしたい!』というものがあると思います。その作品では主人公との青春模様・恋模様が描かれていると思うのですが、実は「カルピス」ブランドのテーマとして「甘ずっぱい」とか「青春」、「初恋の味」というのがあるのは知っていますか?

内田 「甘ずっぱい」とかは聞いたことあります!

━━「カルピス」が「初恋の味」で、「カルピスウォーター」のほうが「甘ずっぱい青春」というテーマです。内田さんは学生時代にカルピスウォーター的な「青春だったな」という話はありましたか?

内田 演劇部の時は……全然甘ずっぱくなかったです(笑)。先生と揉めたことがあって。その時も調子に乗っていて、高校の夏休みだったんですけど「秋の文化祭で舞台をするからそれのキャスティングをします」と言われたんです。

「私はできる!」と思っていたので(笑)、わかりやすく頑張ったりはしていなかったのですが、その舞台には、夏休みに毎日練習に参加して頑張った人が出演することに決まったんですよね。それで、「うぎゃー!」ってなって辞めちゃったんですよね。「裏方なんて、できっか!」って(笑)。

5人くらいしかいなかったんですが「もう嫌だな」と思って抜けてしまったので、全然青春とは程遠かったですね。

━━そんなことがあったんですね(笑)。

内田 先生との喧嘩も「お前はもっと練習しなきゃダメだ!」的なことを言われたけど、私はとにかく自信だけはあったから、注意される度にイラッとしてしまって。

「私だって練習しているし、セリフだって覚えています」という気持ちがあったけど、実は毎日練習に出ることが大切だったみたいですね(笑)。それをわかっていなくて……。

━━ちょっと不器用な感じですね。

内田 そうなんですかね。そんな感じだったので、高校生くらいまでは青春という感じはしなかったのですが、養成所に入った18歳の時に、初めて、同じ目標に向かって頑張る人たちと日々を過ごしました

養成所は週に3時間しかレッスンがなかったので、レッスンの時以外は部活のような感じでした。カラオケボックスで練習したり、時間の合う人と公園に行って体操したり、発声練習をしたり。お金もなかったですし、青春だったと思います。

結構大変な学生時代でしたね(笑)。

“初恋”の思い出は小学生


maaya014


━━もう一つ、「カルピス」のキャッチフレーズである「初恋の味」について、思い出はありますか?

内田 初恋かぁ……。小学生の時に、わりと「好きだな」と思った子がいて、バレンタインデーにチョコレートケーキをたくさんつくったことがあります。家でつくってお皿のまんまその子の家に行って渡しました(笑)。食べ終わった後は、お皿を学校で返されましたね。

小学生の時だから「何かがあった」ということではないのですが、小学生5、6年生の時だったのでドキドキしましたね。

━━なぜ好きになったんでしょうか?

内田 野球が好きだったんですよ。その子はピッチャーで、かっこ良かったんですよね。でも、中学に入った時に坊主にしたのを見て、恋心が醒めちゃって

チョコをあげたり、逆に学校で勉強を教えてもらったりもしたんですが、坊主じゃな…って(笑)。まぁ、小学生なんてそんなもんですよね。

ファンには夢を見せず、現実を見せて向き合いたい


maaya013


━━ここまでいろいろお話をしていただきましたが、未来についてうかがいたいと思います。内田さんはこれまで多方面で活躍されていますが、それぞれの仕事を通して、共通して伝えて行きたいことや挑戦していきたいことはありますか?

内田 私は、「本気で1つのことに打ち込めば、なんでも楽しいよ」というのを伝えたいですね。自分の好きなことを仕事にして、ゲームやアニメのキャラクターに声をあてたものが世に出て、それを見た人が感動したり、このキャラになりたいと思ってくれたら万々歳です。

そして私が楽しいと思ったことを、今、見た人が影響されて、何かの道に進むきっかけになればいいなと思います。伝道師じゃないんですけど、そんな感じですね。

━━今の若い子たちは、キャラクターだけでなく、声優さんを追っていたりもするので、キャラクターだけじゃないところに影響されることもあり得ると思います。

内田 私は、私自身をちゃんと見てほしいという気持ちがあるので、キャラクターに寄り添いつつも、自分の活動も含めた素の部分とも向き合ってもらいたいですね。

だから、自分を見てくれる人には夢を見せない。現実を全て見せた上で、ファンの方と向き合いたいんです。

━━そういう考え方の内田さんは、ファンの方から相談を受けたりしそうですね。

内田 ラジオで相談が来るんですけど、わりとばっさり切っていたりしますし、ただただ夢の中の住人じゃなくて、トークにおいても「私も頑張っているし、あなたも一緒に頑張ろう」という距離感でいたいです。

それをずっと伝えていけたら一番私がやりたかったことに近いのかなと。クリエイターさんのインタビューを見たりするんですが、みなさん普通の人なんですよね。夢を与えるというのもあるんですけど、どの人も、現実を伝える気持ちも感じます。それも現役の人間の大事な役割だと思っています。

一つひとつ、全部成功させることが挑戦である


maaya022


━━挑戦についてはいかがでしょうか?

内田 私は、自信満々のくせに夢があまりなくて、一つずつ全部成功させるというのが挑戦かなと。

全部が上手くいったらいいなと思っています。例えばアニメ2期ができましたとか、そういうのもとっても良いことだと思うんですけど。だから、有言実行していきたいですね。

━━最後に、現役で活躍する方として、これから第一線で戦うような人たちに対してメッセージを伝えるとしたらどんなメッセージでしょうか?

内田 ぶつかっていくことの大切さですね。活動し始めた頃の自分って、ぶつかって、何事にもチャレンジして来たんですよ。そして、デビューから5年経ち、ちょっとずつ周りを見ることができるようになってきて、でもやっぱり自分って足りないと思えるようになりました。

今、何か悩んでいる人もいるだろうし、これから辛いこともたくさんあると思うんですが、ぶつかってみて、嫌なことは嫌だと言ってみるとか、泣いちゃうとかでも良いんです。遠慮しがちな日本人だから、なかなか難しいところはあると思いますけど。

でも、逃した人生なんて振り返らなくていいんです。「あぁ、あのオーディション受けたかったな」とか思う時もあります。そうは思っても、受けてない自分しか知らないし、それが正しいかどうかはわからないので、今あるものに真っ正面からぶつかることが大切だと思います。

「カルピス」Twitterキャンペーン情報


今回の内田真礼さんのインタビューとあわせて、「カルピス」ブランドのTwitterアカウントでプレゼントキャンペーンを開催することになりました。

プレゼントキャンペーンに応募すると、なんと抽選で2名様に内田真礼さんのサイン入り「朝顔グラス」と「カルピス」ブランド商品セットが当たります。

応募方法は下記の通りです。

STEP1:Twitterでカルピス水玉通信(@calpis_mizutama)をフォローする。
STEP2:キャンペーンページの「ツイートして応募する」ボタンからツイートをする、またはハッ
    シュタグ #カルピスゲンエキインタビュー をつけてツイートをする
    ※既にフォローいただいている方はSTEP2のみで応募完了となります
    ※ハッシュタグ#カルピスゲンエキインタビュー は消さないでください

応募締切は4月30日(月)12時まで。抽選の上、当選者の発表は運営事務局から当選者の方へのみTwitterのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。ぜひ応募してみてください!

キャンペーン詳細URLはこちら http://www.calpis.co.jp/present/twitter_geneki01/