米国女子ツアー「LPGAロッテ選手権」がハワイにあるコオリナGCで開幕。今大会歴代優勝者の宮里藍は2日目を終えて5アンダーと上々の位置につけた。

 先週のオープンウィークは調整を続けながらテレビで米男子メジャー「マスターズ」を観戦。「あまりにもスピースがすごくて17番でちょっと寝ちゃいました(笑)。パットが神がかっていた。21歳とは思えない落ち着き。あれだけのプレッシャーでコントロールしていた」とグリーンジャケットを手にした新星を称賛した。
 ローリー・マキロイ(北アイルランド)、松山英樹らにも触れながら、約2か月ぶりにツアーに復帰したタイガー・ウッズ(米国)にも言及。「でもタイガーはやっぱりすごかった。2か月試合に出ないでマスターズであのアプローチはすごい。やっぱりタイガーは違うと思った」とブランクを感じさせないプレーぶりに目を丸くした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>