「未来の農場」を考える、3つのスペキュラティヴ・デザイン

写真拡大

遺伝子ハッキング銃、音声殺虫機、精密気象調整機。あるデザインスクール生が卒業制作で考えたこれらの装置は、実在はしないけれど、“実在するかもしれない”未来の農場の姿を表している。それは、わたしたちが未来を考えるきっかけになる。

「「未来の農場」を考える、3つのスペキュラティヴ・デザイン」の写真・リンク付きの記事はこちら

いつの時代もそうだった。人は未来に思いをはせるのが大好きだ。はるか昔から好奇心旺盛な人々は、この先世界はどうなるか、可能な限り予測を立てた。

コペンハーゲン・インタラクション・デザイン研究所を卒業したばかりのケイトリン・シュヴァリエは、卒業制作として、100年後の農業を思い描いた。『未来の農業のための3つの提案』と名付けられた作品のなかで、彼女は2115年の農業のあり方を探求する、3つの装置をデザインしたのだ。

そして同時に、未来についてできる限りの予測を立てた。その世界では、バイオテロリズムや気象操作は日常茶飯事である。

speculative_farm02

音声殺虫機は全方向性スピーカー。振動を伝えて、植物の防衛反応を促す。

「遺伝子ハッキング銃」「音声殺虫機」「精密気象調整機」という3つの装置は実在しないが、現実に即している。

たとえば音声殺虫機は、「ある種の植物は、イモムシが葉を食べる音の振動に反応して防衛反応を増幅させる」というミズーリ大学の研究結果に基づいている。シュヴァリエがこれをヒントにデザインしたのは、植物の防衛反応を促す殺虫音声を伝える、全方向性のスピーカーだ。農家はこのスピーカーを設置してライブラリーのなかから虫の種類に応じた音声を再生し、害虫発生を予防する。薬剤は不要だ。

関連記事モンサントがつくりだす「完全な」オーガニック野菜

精密気象調整機は、北京で行われた気象操作の試みの延長である。2008年の夏季オリンピックのセレモニーの間、銀イオンの詰まったロケットや砲弾が北京上空の雲に向かって放たれ、雲をバラバラにした。シュヴァリエの予想では、干ばつの増加や食糧不足に対応するため、農家や企業はこうした装置を購入し、特定の場所に雨を降らせることになるという。

speculative_farm03

精密気象調整機は、特定の場所に雨を降らす。

遺伝子ハッキング銃は、もっと不吉な装置である。土壌に毒をまき散らす侵略的外来種の植物に着想を得た彼女が想像したのは、バイオテロリストが遺伝子組み換え銃をハッキングして、農業に損害を与えるという未来だ。「農地のなかの宿主植物に遺伝子マーカーを注入するだけで、農地全体を壊滅させることが可能です」と、彼女は説明する。

これらの3つのシナリオはあくまで予測であり、完全に仮定の話だ。たとえ実現したとしても、完璧にシュヴァリエの予測通りにはならないだろう。だがそれは問題ではない。シュヴァリエの描く未来のシナリオは、ユートピアでもディストピアでもない。どちらの方向にも空想をめぐらせる余地がある、というのが魅力的だ。

こうしたプロジェクトは少なくとも、わたしたちが「どんな未来を築いていきたいか」を話し合うきっかけになるのである。

関連記事デザインの使命は「問い」を生み出すこと:Superfluxの「スペキュラティヴ・デザイン」とは #WXD

TAG

FarmingFutureSpeculative DesignWIRED US