アニメ『昭和元禄落語心中』OAD上映試写会 ライブ・ビューイング開催決定!

写真拡大

雲田はるこの『昭和元禄落語心中』第7巻特装版、第8巻特装版(8月7日発売)に付属するアニメDVDの「OAD完成披露先行上映試写会」が、生中継で各地の映画館にてライブ・ビューイングされることが決定した。
本公演は新宿バルト9で5月16日17時開演が予定されており、ライブ・ビューイングも各地の劇場で同日17時開演を予定している。

【関連:『昭和元禄落語心中』テレビアニメ化決定】

アニメ『昭和元禄落語心中』

チケットは3500円(全席指定/税込)で、プレオーダーがイープラスで4月17日12時から26日23時59分まで。一般販売がイープラスと、ファミリーマート店内の端末「Famiポート」で5月3日12時から5月15日12時までとなっている。

公演の出演は、関智一(与太郎役)、石田彰(八代目有楽亭八雲役)、小林ゆう(小夏役)、そしてMCで吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)が予定されている。

『昭和元禄落語心中』(講談社「ITAN」連載中)は、繊細な人間描写で高い評価を得ている雲田はるこ原作による、昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く人気作。
昨年12月にアニメ化が発表され、主人公・与太郎役に関智一、八代目有楽亭八雲/菊比古役に石田彰、小夏役に小林ゆう、そして山寺宏一、林原めぐみ、山口勝平ら最強布陣で挑む本作は大きな話題となった。
アニメは、第7巻・第8巻のそれぞれ特装版にDVDが付属するほか、その後テレビシリーズでの放送も予定されている。