『デビルマン』 ©GO NAGAI/DynamicPlanning

写真拡大

永井豪の漫画『デビルマン』をもとにした新作アニメーションの製作が発表された。

【もっと写真を見る】

『デビルマン』は、1972年から『週刊少年マガジン』で連載された作品。悪魔の力を手に入れた主人公・不動明とデーモンの戦いを通して、人間の在り方に疑問を投げかける物語になっている。同年に放送がスタートしたアニメ版では、デビルマンがヒロインを守るために戦うというストーリーが描かれた。また、2004年には那須博之監督によって実写映画化されている。

今回製作が明らかになった新作アニメーションは、『ガールズ&パンツァー』『鋼鉄神ジーグ』といった作品を手掛ける株式会社アクタスが制作。今秋にイベント上映作品として発表される予定だ。上映に先駆けて、4月18日から東京・新宿バルト9、神奈川・横浜ブルク13、京都のT・ジョイ京都、大阪・梅田ブルク7、広島・広島バルト11、福岡のT・ジョイ博多、新潟のT・ジョイ新潟万代の7劇場でビジュアルが公開される。なお、原作者の永井は、現在『ビッグコミック』で『デビルマン』の最終章にあたるという『デビルマンサーガ』を連載中だ。