まるで青汁?スタバから、健康を意識した「ケール・スムージー」が発売!

写真拡大

2015年3月31日、スターバックスがアメリカ4,300店舗で投入した、新しいメニューが話題になっている。

そのメニューとはなんと「ケール・スムージー」。

地中海でとれるキャベツの仲間、ケールの汁にフルーツジュースを入れ、ギリシャヨーグルトの有名ブランド「ダノン」のヨーグルトを混ぜるというレシピ。

フレーバーは、野菜、ストロベリー、ニンジンマンゴーの3種類で、価格はグランデサイズ(470ml)で、5.95米ドル(およそ720円ほど)。

さらに、生のケールを追加するという斬新なトッピングも可能となっており、まさに野菜尽くし。

発表当時が3月31日ということもあり、エイプリルフールではないか、何かの冗談ではないか、と思っていた人もいたほど。 皆、怖がって飲まない。笑

このスムージー、カロリーは170から230kcalと、スタバの人気商品フラペチーノと比べれば、半分以下。

脂質はほとんどなく、砂糖も一切加えられていないため、健康であることは間違いなさそう。

そもそも、ケールとは?

「ケール」は美容・健康効果が期待できるスーパーフードの1つで、日本では「青汁」の原料としても有名。また、若返りにも効くと言われている、メラトニンも多く含む。

 

スタバから、ケールのスムージーが発売されて最高!

日本の感覚からすれば、青汁のイメージも強いケール・・・日本での発売は未定のようだが、健康志向の高い日本でも受け入れられそう。

Top Photo by Tsuyoshi Nakatani
Licensed material used with permission by Elite Daily