泡フェス2015 松屋銀座スパークリングバル

写真拡大

世界のスパークリングワインを気軽に味わいながら東京・銀座の魅力を楽しむイベント「泡フェス 2015 松屋銀座スパークリングバル」が2015年4月20〜26日の7日間行われる。平日は17時〜22時、土曜と日曜は15時から22時。

"世界の銀座""買い物の街"の魅力を体験

「バル」はスペインやイタリアなどでみられる食堂とバーが一緒になったような飲食店。「泡フェス 2015 松屋銀座スパークリングバル」は、銀座で世界の食を食べ飲み歩きするグルメイベント「銀座街バル2015」のメインイベントとして松屋銀座屋上の「ソラトニワGINZA」で開催される。銀座地区の50以上のバルについて楽しみ方・めぐり方を紹介し、気軽に街の魅力に触れることができるコンテンツが用意されている。

イベントでは、銀座やバルが初めてという人も気軽に参加できるよう、銀座の食めぐりを案内する「一銀(いちぎん)コンシェルジュ」がスタンバイ。銀座ビギナーを"一見さん"になぞらえて「一銀さん」と呼び、銀座バルのめぐり方、楽しみ方を紹介してくれる。

知らない人とも交流しながら銀座を楽しみたい人には、その意思表示となる「赤いバラMAP」が用意。これを持つ人同士で会話を促そうというものだ。

スペイン音楽のラ・トゥナ、サクソフォンのカルテットなどの生演奏が各店舗などを含めて巡回するほか、国際ソムリエ協会認定のソムリエ、森上久生氏による「カヴァ(スパークリングワイン)」セミナー、女性を美しく魅せるカンパイ体験デモンストレーションなど随時イベントも催される。

料金はチケット制となっており、前売り券が3500円、当日券が4000円で、各3枚綴り。チケット1枚でワンドリンク・ワンフードが食べられる。前売り券の購入は「銀座街バル2015」の公式ホームページで。当日券購入と前売り券の引き換えは、松屋銀座屋上とプランタン銀座地下2階で受け付ける。