原辰徳監督がインフルエンザで離脱 1593試合目で初めて体調不良にアサ芸プラス

原辰徳監督がインフルエンザで離脱 1593試合目で初めて体調不良に

ざっくり言うと

  • 巨人の原監督は14日に発熱などの症状を訴え、15日に検査を受けた
  • 監督通算12年目、1593試合目で初めて体調不良によりチームを離れた
  • 「インフルエンザを治し、万全の体調でチームに戻りたい」とコメントした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング