Copyright 2012 Built with Indexhibit

写真拡大

米国ピッツバーグのアーティストで、教師のジェシー・イングランドさんが、円盤型デバイス「Universal Record」を開発した。

【デジタル音源をアナログレコードとして再生! 円盤型デバイス開発の画像・動画をすべて見る】

スマートフォンなどからBluetooth経由で音楽を受信することで、デジタル音源をアナログレコードとして再生することが可能になっているという。



「Universal Record」は黒い円盤型で、表面はレコードと同じ塩化ビニール製のディスクになっている。しかし音の出る溝は刻まれておらず、ターンテーブルも回転しないが、音楽が再生されるというのだ。

回らないのに音が鳴るしくみとは?


内部の様子/Copyright 2012 Built with Indexhibit

内部の様子/Copyright 2012 Built with Indexhibit



まず、「Universal Record」の内部に仕込んだBluetoothレシーバーが、スマートフォンなどから音楽を受信する。

その信号は、電気信号の変換機であるトランスデューサーへと伝えられ、トランスデューサーに密着しつつ筐体から分離した構造を持つ、塩化ビニール製のレコード面を振動させる。

そして上に乗せたレコード針にその振動が伝わり、音楽が流れるという画期的すぎる仕組みになっている。

音楽の幅が広がりそう! だがしかし……


雰囲気を出すために回転させたい! という人に向けて、手動でターンテーブルを回転させることはできるという。盤面の荒れやほこりによるポップノイズが加わり、アナログ感が強調されるようだ。

なお、ターンテーブルの回転数に再生速度がシンクロするようなことはないため、DJプレイはできないそう……。けれど、アナログブームもあり、レコードプレーヤーで聴ける音源が増えるのは大変ありがたい。

しかし、残念ながら販売予定はないとのこと……。ぜひ今後商品化してくれるのを期待したい!